タイトル等
「暮らしのデザイン」のはじまり
アーツ・アンド・クラフツとデザイン
ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで
会場
府中市美術館
会期
2022-09-23~2022-12-04
休催日
月曜日(10/10は開館)、10/11(火)
開催時間
午前10時~午後5時
(入場は4時30分まで)
観覧料
一般900円(720円)、高校生・大学生450円(360円)、小学生・中学生200円(160円)
*10/7(金)~10/10(月・祝)は市民文化の日無料観覧日のため、どなたも入館無料です。混雑時には入場制限を行いますので、あらかじめご了承ください。*( )内は20名以上の団体料金。*常設展もご覧いただけます。
*前売り券は、9/22まで府中市美術館、セブン-イレブン、ローソン、ミニストップなどで販売します。*未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。*府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料。
主催者
府中市美術館、東京新聞
協賛・協力等
後援:ブリティッシュ・カウンシル 協力:マナトレーディング株式会社 企画協力:株式会社ブレーントラスト
概要
それぞれに見つめた「暮らしのデザイン」
モダンデザインの父―ウィリアム・モリスは、こう呼ばれます。しかし、彼の代名詞ともいえる草花や小鳥をモチーフにした文様や中世を思わせる重厚なデザインは、その呼び名におよそ似つかわしくないように思えます。では、なぜモリスが「モダンデザインの父」なのでしょうか?
モリスの生きた19世紀のイギリスは、大英帝国の絶頂期。近代化も著しく進んだ時代です。多くの人がそれを謳歌する一方で、急速な近代化に危機感を抱く人々もいました。例えば、評論家のラスキンは職人の手仕事に支えられた中世の建築を賛美し、ラファエル前派の画家たちはラファエロ以前の古風な描き方を目指します。そんな思潮も高まる中、モリスが見つけたのは室内装飾の道でした。建築家や画家の友人と力を合わせ、壁紙や布、家具などの制作に乗り出します。それは、大量生産では決して作れない、美術品にも負けないほど美しく上質な品々でした。モリスは生活に欠かせない日用品のあり方を問うこと通して、近代化で人々が忘れかけた自然を愛する心や手仕事の喜びを取り戻し、すべての人が生活の中で 「美」を享受できる社会を実現しようとしたのです。彼が生み出したのは、単に部屋を飾る品ではなく、生活、生き方にまで通じる、強い信念に貫かれた「暮らしのデザイン」でした。
こうしたモリスの仕事に共感した多くのデザイナーや建築家たちが、「生活と美」を見つめて発展したのがアーツ・アンド・クラフツ運動です。この動きはモリスの在世中にイギリスで始まり、没後にも広がり続け、ヨーロッパ全土、さらにはアメリカにまで及びます。その展開はきわめて多彩で、造形に影響を受けたり、思想を引き継ごうとしたりと、目指す方向はひとつではありません。 時には機械化の推進などモリスとは正反対の方向へと向かうことさえありました。 しかし、その出発点は「身近な生活の中にこそ美が必要だ」と信じたモリスの信念です。モリスが「モダンデザインの父」とも呼ばれるのは、このアーツ・アンド・クラフツ運動の影響の大きさと広がりのためです。
本展では、モリスとイギリスのアーツ・アンド・クラフツ運動の生んだ作品を中心に、アメリカでの動向も加えて、その世界をご紹介します。
イベント情報
展覧会講座
「アーツ・アンド・クラフツとデザイン
ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで」
音 ゆみ子(府中市美術館学芸員)
日時:2022年10月30日(日)午後2時
会場:府中市生涯学習センター講堂(府中市美術館より徒歩5分)
無料 予約不要
ホームページ
http://fam-exhibition.com/artsandcrafts/
展覧会問合せ先
ハローダイヤル 050-5541-8600
会場住所
〒183-0001
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
交通案内
京王線の府中駅から、「ちゅうバス」のご利用が便利です。
府中駅までは、京王線新宿駅から、特急、準特急で約20分です。

■ 電車をご利用の場合

京王線 府中駅から
・ちゅうバス(多磨町行き) 「府中市美術館」下車すぐ
府中駅バスターミナル8番乗り場から、8時から毎時30分間隔で運行。運賃100円 (現金もしくは回数券のみ)
・京王バス 武蔵小金井駅行き(一本木経由、武71) 「天神町二丁目」下車すぐ
・京王バス 武蔵小金井駅行き(学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・京王バス 国分寺駅南口行き(東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

京王線 東府中駅北口から
・徒歩17分
・ちゅうバス(府中駅行き)「府中市美術館」下車すぐ
8時5分から毎時30分間隔で運行。運賃100円

JR中央線 武蔵小金井駅南口から
・京王バス 府中駅行き (一本木経由、武71) 「一本木」下車すぐ
・京王バス 府中駅行き (学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR中央線 国分寺駅南口から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR武蔵野線 北府中駅から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、府02) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・注記:1時間に1本の運行です。
・注記:お帰りの最終便は美術館閉館時間前です。ご利用の際は、ご確認ください。

■ 自動車をご利用の場合
・調布インターチェンジから 約3.5キロメートル
・国立・府中インターチェンジから 約4.4キロメートル
・八王子方面からのアクセスは、府中スマートインターチェンジをご利用いただけます。お帰りはETC搭載車のみ通行可能です。

府中市臨時駐車場(無料・約60台収容可)をご利用下さい。
ホームページ
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
会場問合せ先
ハローダイヤル 03 (5777) 8600
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索