タイトル等
エモーショナル・アジア
宮津大輔コレクション×福岡アジア美術館
会場
福岡アジア美術館
会期
2022-09-15~2022-12-25
休催日
水曜日
開催時間
9:30~18:00
(金・土曜日は20:00まで)
※ギャラリー入室は閉室30分前まで
観覧料
一般500(400)円/高大生250(200)円
中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体
※この料金で同時開催の「インド近代化以外の精華」展もご覧いただけます。
※以下を提示していただくと本展の観覧料は無料になります。
身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人、特定医療費(指定難病)受給者証・特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人、福岡市、北九州市、熊本市民及び鹿児島市民で住所と65歳以上を確認できる証明書(運転免許証、健康保険証等)の提示者本人。
主催者
福岡アジア美術館、西日本新聞社
協賛・協力等
特別協賛:ボートレース福岡
協力:公益財団法人 福岡市文化芸術振興財団
概要
1990年代以降、グローバル化と経済発展の波の中で、国際的に活躍するアジアのアーティストが続々と登場し、現代におけるアジアのアートは世界的な潮流のひとつとなっています。本展では、1990年代から国内外の現代アートを蒐集し、現在では日本のトップコレクターのひとりとして知られる宮津大輔氏のコレクションと当館所蔵作品を組み合わせ、現代のアジアの姿を映した東アジア、東南アジア地域の45作家の作品を紹介する初めての試みです。本展は、「1.ここで生きる私/Life(ライフ)」「2.私の身体をおおうもの/Body(ボディ)」「3.私が私であること/Identity(アイデンティティ)」「4.私たちの現在(いま)、そして過去から未来へ/History(ヒストリー)」という4つの章で構成されており、会期中は福岡市内各所でアジアの現代アートに気軽に出会えるサテライト展覧会も開催します。現代の揺れ動く日々を生き、そこから生まれる感情や情動を鮮やかに捉えたアジアのアートには、今を生きる「私」たちの姿が鏡のように写しだされることでしょう。本展がアジアの現代アートの現在(いま)に出会える機会となれば幸いです。
イベント情報
ギャラリートーク ※予約不要、当日先着順(定員15名)、要展覧会チケット
|宮津大輔氏と学芸員によるギャラリートーク
日時|9月17日(土)、9月24日(土)、12月24日(土)各日とも14:00-14:45
集合場所|福岡アジア美術館 アジアギャラリー受付(7階)

|高大生限定 宮津さんとおしゃべりギャラリーツアー
日時|11月5日(土) 14:00-14:45
集合場所|福岡アジア美術館 アジアギャラリー受付(7階)

エモーショナル・アジア×吉塚市場リトルアジアマーケット ※予約不要、入場無料
|福岡はアジアの「アート」と「食」がよかろうもん!
|吉塚市場リトルアジアマーケット×宮津大輔氏スペシャルトーク
吉塚市場リトルアジアマーケット組合長・河津善博氏と西林寺住職・安武義修氏をお招きし、宮津大輔氏とともにアジアの「アート」と「食」から福岡の魅力と将来を語っていただきます。
日時|10月2日(日) 14:00ー16:00
場所|福岡アジア美術館 あじびホール(8階)

|出張!吉塚市場リトルアジアマーケット アジアンフードマルシェinあじび
吉塚市場リトルアジアマーケットの美味しいアジアングルメがあじびに大集合!
日時|10月1日(土)、2日(日)、3日(月) 各日とも11:00-15:00
場所|福岡アジア美術館 アートカフェ(7階)

秋のアートカフェ~ストリングシリーズ~ ※予約不要、入場無料
“ストリングシリーズ”と題して、9~11月の各月にジャンルの異なる弦楽器の演奏会をお届けします。
場所|福岡アジア美術館 アートカフェ(7階)
※当日は観覧用のお席をご用意いたしますが、座席数には限りがございます。
※新型コロナウイルス感染症対策のため、事前申込みなどにより、ご入場を制限させていただく場合がございますので、ご了承願います。
主催|(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市
問合せ先|(公財)福岡市文化芸術振興財団TEL 092 263 6265(平日9:30-17:00)

[第1弾]里地帰 和胡の夕べ~長月のコンサート~
日時|9月16日(金) 18:30開演(開場は30分前)
出演|里地帰(和胡)、冨永隆治(ピアノ)

[第2弾]KAWAKAMIソロギターライブ
日時|10月29日(土) 18:00開演(開場は30分前)
出演|KAWAKAMI(ギター奏者)

[第3弾]九響@アートカフェVol.8
日時|11月25日(金) 18:30開演(開場は30分前)
出演|九州交響楽団メンバー(弦楽アンサンブル)

アジア珠玉の映像を楽しむ ※予約不要、当日先着順、要展覧会チケット
|スクリーンで浸るアジア映像の傑作―21世紀中国の鬼才たち
宮津大輔氏と福岡アジア美術館が所蔵するアジア映像作品の傑作を特別上映します。
[Aプログラム]ヤン・フードン特集 約84分
[Bプログラム]タオ・フイ、ツァオ・フェイ特集 約61分
日時|
11月5日(土)Aプログラム、11月6日(日)Bプログラム
12月24日(土)Bプログラム、12月25日(日)Aプログラム
各日とも11:00-と15:00-
※11月5日(土)と12月24日(土)15:00の回は上映前に宮津大輔氏による解説トーク(15分程度)つき
場所|福岡アジア美術館 あじびホール(8階)
ホームページ
https://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/14319/
会場住所
〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
交通案内
市営地下鉄
[中洲川端駅]下車、6番出口より 徒歩すぐ
福岡空港から [福岡空港駅]より 9分
JR博多駅から [博多駅]より 3分
西鉄福岡駅から [天神駅]より1分

西鉄バス
[川端町・博多座前]下車、徒歩すぐ


[太宰府]方面から
都市高速 [千代ランプ]より 車で約7分
[北九州]方面から
都市高速 [呉服町ランプ]より 車で約5分
※昭和通りより、博多リバレイン地下の駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索