タイトル等
所蔵企画展 くらべてみよう
-10のテーマ-
会場
メナード美術館
会期
2004-06-23~2004-08-29
休催日
月曜日(但し、7月19日、8月16日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
★8月14日(土)は午後8時まで開館
観覧料
一般700円(600円) 高大生500円(400円) 小中生300円(250円)
( )内は20名以上の団体料金 但し、8月10日~16日は4名以上のグループ割引料金
*障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料
主催者
メナード美術館
概要
テーマやモティーフが同じでも様々な絵画があります。洋画、日本画などのジャンルや技法の違いもありますが、なにより画家独自の捉え方や表現の違いによることが大きいでしょう。
本展では、10のテーマに沿って所蔵の名品60点を選び出しました。同じテーマを複数の画家が描いた時の表現の違い、一人の作家が同一モティーフを描いた2作品を比べ、新しい見方をみつけてみませんか。


★主な作品
バラ:梅原龍三郎《薔薇図(黒バラ)》 安井曽太郎《薔薇図》
富士:横山大観《霊峰十趣・夜》 梅原龍三郎《富士三津浜》
パリ:佐伯祐三《パリの裏通り》 鳥海青児《ノートルダム》
牡丹:村上華岳《牡丹之図》 奥村土牛《紅白牡丹》
サーカス:ジョルジュ・ルオー《女曲馬師》 海老原喜之助《サーカス》
美人画:上村松園《美人詠歌図》 伊東深水《春雪》
大和:吉田善彦《二月堂の秋》 杉本健吉《西ノ京秋晴》
母子:北川民次《竜舌蘭のある母子像》 熊谷守一《笛吹く児》
卓上静物:ニコラ・ド・スタール《黄色い背景の静物》 島田章三《画集のある静物》
北京:梅原龍三郎《天壇》 吉田善彦《天壇》


★イヴェント
●アートで夏休み2004
■夜までアート 8月14日(土)は午後8時まで開館
・講座「この一点を語る」
午後6時~(15分間)
作品:北川民次《竜舌蘭のある母子像》
講師:伊藤高義氏(洋画家・二科会評議員)
・オカリナ&ハープコンサート
午後6時40分~(45分間)
三牧孝至氏(オカリナ) 近藤薫氏(ハープ)
■グループ割引 8月10日~16日
4名様以上で団体料金に割引いたします。
●NZU公開講座(名古屋造形芸術大学公開講座)
7月3日(土)午後2時~(80分間)
演題:「映画と自然-リュミエール兄弟からレニ・リーフェンシュタールへ-」
講師:内藤研氏(名古屋造形芸術大学非常勤講師(映像文化))
要申込(申込先:名古屋造形芸術大学 学生課 (0568)79-1219)
ホームページ
http://www.menard.co.jp/museum/
展覧会問合せ先
メナード美術館 0568-75-5787
会場住所
〒485-0041
愛知県小牧市小牧5-250
交通案内
[公共交通機関]

[名古屋駅より]

名鉄バスセンター「高速バス 桃花台線」 名鉄メンズ館4F のりば[23] ―(40分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

名鉄 名古屋 ―(15分 犬山線)― 岩倉 名鉄バス「小牧駅行き」のりば[1] ―(20分)― 「市民病院前」経由 メナード美術館前 / 「市役所」経由 小牧市民病院北
(豊橋・岡崎方面の方)

[栄より]

栄バスターミナル「高速バス 桃花台線」オアシス21 のりば[8] ―(30分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

地下鉄 栄 ―(10分 名城線右回り)― 平安通 ―(20分 上飯田線 (名鉄小牧線乗入れ))― 名鉄 小牧駅


[車]

東名・名神「小牧I.C」名古屋方面…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞
名古屋方面から名古屋高速「小牧南出口」…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞

国道19号線「春日井インター東」交差点より西へ約8km


最寄駅:名鉄 小牧駅
[西口] 徒歩15分
[東口] バス 5分
のりば[1] こまき巡回バス
のりば[4] 名鉄バス「岩倉駅行」
ホームページ
http://museum.menard.co.jp
愛知県小牧市小牧5-250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索