タイトル等
日本画家 初の墨画展
墨游 (ぼくゆう)
木村光宏 墨と戯(たわむ)る
会場
古川美術館 分館為三郎記念館
会期
2022-09-10~2022-10-10
休催日
月曜日 但し、9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館、9月20日(火)は休館。
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時半まで)
観覧料
2館共通入館券 ※割引券の併用はできません。
大人1,000円(税込) 高・大学生500円(税込) 中学生以下無料
※古川美術館、分館 爲三郎記念館共通券です。
★割引:下記以外にも各種あり。詳しくはフロントでお確かめください。
●毎月18日のみ、65歳以上の方(年齢が確認できるものを提示)…200円割引
●和装の方(本人のみ)…半 額

チケットの購入について
「木村光宏とその仲間たち」展、「墨游 墨と戯むる」展は「ArtSticker(アートスティッカー)」にてチケットを販売します。
※予約者が優先となりますので、混雑状況により、当日チケットをお買い求めの方はお待ちいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
●その他のチケット購入はこちら
チケットぴあ ぴあPコード:686-113
セブンチケット セブンイレブン:095-903
CNプレイガイド CNプレイガイド:cnー35777
発売期間 7月1日(金)~10月10日(月・祝)
●名古屋市文化振興事業団チケットガイド(大人券のみ)
TEL052-249-9387(平日9時~17時/郵送可)
主催者
公益財団法人 古川知足会
協賛・協力等
後援/愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、中日新聞社、CBCテレビ、東海テレビ放送、スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
概要
本展は日本画家・木村光宏による初めての墨画展です。これまで多くの風景画を発表し続け、色彩豊かな画風で人々を魅了してきた木村が、あえて抽象的な表現にこだわった墨画を発表します。すべての作品は本展のために制作した新作で、本邦初公開となります。
日本画家らしい岩絵具や箔を交えた墨彩画の作品が、会場となる爲三郎記念館を彩ります。これらの作品は、木村そのままの自由闊達な姿かたちであり、その瞬間の心を紙上に写しています。またそれは、鑑賞者にも自由な発想と想像の広がりを与え、昭和初期の数寄屋建築である爲三郎記念館と、木村の抽象的墨画作品とが呼応しあい、観るものをそれぞれの≪墨遊≫の世界へと誘うことでしょう。
イベント情報
木村光宏によるギャラリートーク 予約不要
日本画家・木村光宏氏初の墨画展について、作家本人が語ります。
日 時|9月17日(土)・10月8日(土)
参加費|無料※ただし別途入館券必要
会 場|分館爲三郎記念館 15:00~(美術館トークが終了後)

墨游茶会 要予約
木村作品をイメージした両口屋是清謹製の特製和菓子や、木村ゆかりの器などを使用してお茶会を開催します。木村光宏も席入りする古川美術館ならではの作家参加型のお茶会です。どんな趣向になるかは当日のお楽しみ♪
日 時|9月28日(水)
会 場|分館爲三郎記念館「瓢の間」立礼席
①10:10~②11:10~③13:00~④14:00~⑤15:00~
定 員|各席10名
参加費|2,000円(別途2館共通入館券必要)
会場住所
〒464-0066
愛知県名古屋市千種区池下町2丁目50番地
交通案内
【電車ご利用の場合】
地下鉄東山線 池下駅1番出口より東へ徒歩3分
地下鉄東山線 覚王山駅1番出口より西へ徒歩5分

【市バスご利用の場合】池下下車
(金山より)金山11系統/(大森車庫より)幹砂田1系統/(猪高車庫より)池下11系統/(猪子石団地より)茶屋12系統
ホームページ
http://www.furukawa-museum.or.jp/memorial
愛知県名古屋市千種区池下町2丁目50番地
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索