タイトル等
特別企画 第17回朱生会展―日本画研究会―
木村光宏とその仲間たち
会場
古川美術館
会期
2022-09-10~2022-10-10
休催日
月曜日 但し、9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館、9月20日(火)は休館。
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時半まで)
観覧料
2館共通入館券 ※割引券の併用はできません。
大人1,000円(税込) 高・大学生500円(税込) 中学生以下無料
※古川美術館、分館 爲三郎記念館共通券です。
★割引:下記以外にも各種あり。詳しくはフロントでお確かめください。
●毎月18日のみ、65歳以上の方(年齢が確認できるものを提示)…200円割引
●和装の方(本人のみ)…半 額

チケットの購入について
「木村光宏とその仲間たち」展、「墨游 墨と戯むる」展は「ArtSticker(アートスティッカー)」にてチケットを販売します。
※予約者が優先となりますので、混雑状況により、当日チケットをお買い求めの方はお待ちいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
●その他のチケット購入はこちら
チケットぴあ ぴあPコード:686-113
セブンチケット セブンイレブン:095-903
CNプレイガイド CNプレイガイド:cnー35777
発売期間 7月1日(金)~10月10日(月・祝)
●名古屋市文化振興事業団チケットガイド(大人券のみ)
TEL052-249-9387(平日9時~17時/郵送可)
主催者
朱生会・公益財団法人 古川知足会
協賛・協力等
後援/愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、中日新聞社、CBCテレビ、東海テレビ放送、スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
概要
日本画家・木村光宏が主宰する「朱生会(しゅせいかい)」は、精力的に活動を続ける作家が所属している日本画研究会で、毎年多くの日展入選者を輩出し、特選受賞者が何人も在籍しています。木村が主宰する研究会は「朱生会」のほかに「閑輝会(かんきかい)」があり、いずれも《日本画を描く者で組織され、会員相互が切磋琢磨し、日本画の研究・創作を目的とし、作品を発表し互いに勉強し、各地域の美術文化に貢献する》という活動目的を掲げています。毎年電気文化会館で「朱生会展」を開催してきましたが、本年は会場を古川美術館に移し、所属会員15名の出品で開催する運びとなりました。
日展会員でもある木村光宏は風景画、特に雄大な風景を得意としますが、木村は自身のスタイルを決して押し付けず、個々人の特性を(得意な表現)を生かした指導をするため、会員の作品には実に様々な表現がみられます。これまでの「朱生会展」では、通常100号以上の大作を出品していましたが、今回は会場に合わせて80号前後の作品に揃えました。それぞれの個性が光る作品はどれも見ごたえがあり、展示室全体から、作家たちの日本画に対する熱い思いがエネルギーとなってほとばしります。
イベント情報
出品作家によるギャラリートーク 予約不要
毎週土曜日、朱生会の出品作家が、各自の作品の前で制作意図などをお話しします。
日時|
9月10日(土)小野美恵子、堀田律子、古田つた代
9月17日(土)安藤洋子、國井たか子、近松妙子
★15:00~記念館(木村光宏)もあり
9月24日(土)高木かづ、宮田淑子、宮本脩子
10月1日(土)伊藤郁子、竹内恵利子、吉川咲江
10月8日(土)加村光子、畑中那智子、松本和子
★15:00~記念館(木村光宏)もあり
参加費|無料※ただし別途2階共通入館券必要
会 場|古川美術館 展示室 14:00~

日本画家・木村光宏と朱生会作家と行く「犬山写生会」 要予約 パスポート会員限定
当日は風景の切り取り方(構図)、描き方など写生のやり方もお教えしますので、写生初心者でも大丈夫です。
木村光宏と朱生会の作家と共に、犬山を写生しに出かけませんか。城下町や犬山城を望むスポットで、構図や写生のポイントなど現役日展作家からアドバイスをもらいながら、自由に写生を楽しみます。また、犬山市文化史料館では旧犬山城主成瀬家の成瀬淳子氏のご案内でお楽しみください。
日 時|9月21日(水)※10:00犬山駅集合/16:00犬山駅解散
同行者|木村光宏氏(日本画家)・朱生会作家
参加費|3,500円(史料館入館料・旅行保険代込)、昼食代各自
参加資格|パスポート会員及び、会員同行者1名まで。
持ち物|写生できるもの(スケッチブックなど)、鉛筆、色鉛筆など。
申 込|お電話・美術館フロントにて

当日のスケジュール
10:00犬山駅集合→城下町散策や写生→昼食(各自自由)→13:30犬山市文化史料館見学→犬山城を望むスポットで写生→16:00犬山駅解散
※現地集合、現地解散、移動は徒歩になります。 ※行程は天候等により変更することがございます。

すべてのイベントはコロナウィルス感染症拡大状況によって内容変更、延期、または中止になる場合がございます。最新の情報はHPをご確認ください。
会場住所
〒464-0066
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
交通案内
【電車】
地下鉄東山線 池下駅1番出口より東へ徒歩3分
地下鉄東山線 覚王山駅1番出口より西へ徒歩5分

【市バス】
池下下車
(金山より)金山11系統/(大森車庫より)幹砂田1系統/(猪高車庫より)池下11系統/(猪子石団地より)茶屋12系統
ホームページ
http://www.furukawa-museum.or.jp/
会場問合せ先
052-763-1991
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索