タイトル等
猪熊弦一郎展 ニューヨークからの発信
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2004-06-06~2004-07-19
開催時間
午前10時~午後6時。
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般 700円 (560円)
大学生 500円 (400円)
高校生以下 無料
( )は前売り及び20名以上の団体料金
(常設展を含む)
主催者
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
財団法人 ミモカ美術振興財団
概要
今回の展覧会では、猪熊の70余年に渡る画業の中で1955年を皮切りに劇的に変化を遂げた20年間にスポットを当てて抽象画の変貌を振り返るものです。一口に20年と言ってもその歳月は、生まれたばかりの赤ん坊が成人を迎えるまでの長い時間です。1955年は、猪熊がニューヨークという初めての地に脚を踏み入れ、抽象画という新しい表現を開始した年にあたります。
アメリカで当時隆盛を振るった抽象表現主義の影響を受け産声をあげた猪熊の抽象絵画が、
20年という長い月日の中でどのように移り変わっていったのかを、所属したウィラード・ギャラリーでの個展で発表した作品を展示します。ニューヨーク滞在の間、猪熊はサンパウロ・ビエンナーレを始め国内外の展覧会にも多く出品していますが、なぜここでウィラード・ギャラリーでの発表作品に絞ったかという理由は、まず、個展という同じ形式で、しかもある程度の定期的な発表であったということです。同じスタンスでの発表作品を順に追うことで、純粋にその変化を捉えることができ、そのことによって新しい発見があるのではないかと考えたからです。
ウィラード・ギャラリーで発表された作品は数多く、当美術館にはその一部しか収蔵されていませんから、各回の展覧会の様子を全て伝えることは難しいので、今回は猪熊、あるいは猪熊の友人が撮影した展示風景の写真を補助的に展示します。
ニューヨークでの日々を振り返り、猪熊は次のように記しています。
―私はいま、ニューヨークで暮らした二十年間が決してむだでなかったことに満足している。一つには無名の作家がいつしか世に出、活躍しやがてまた見捨てられていくといった時代の移り変わりを目のあたりにすることが出来たからである。-中略-作家というものは決して後ろを向いてはいけないということだ。前を向くことが進歩だとは決して思わないが、それにしても歴史のすう勢は必ず未来、未知の世界へ向かうべきものなのではないだろうか。芸術に「後返り」はないのである。(「ニューヨークの画家たち十選10」猪熊弦一郎日本経済新聞24面1977年11月30日)―
移り変わりの激しい世界に敢えて飛び込み、その中で戦い続けた画家の姿を、作品を通してご紹介いたします。
ホームページ
http://mimoca.org
展覧会問合せ先
TEL : 0877-24-7755 FAX : 0877-24-7766
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索