タイトル等
シアトル→パリ
田中保とその時代
海を渡った画家の軌跡
会場
埼玉県立近代美術館
会期
2022-07-16~2022-10-02
【前期】8月21日(日)まで 【後期】8月23日(火)から
状況により休館および会期変更の可能性があります。ご来館前に当館ウェブサイトで最新情報をご確認ください。
休催日
月曜日(7月18日、8月15日、9月19日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時30分
(展示室への入場は午後5時まで)
観覧料
一般900円(720円)
大高生720円(580円)
( )内は20名以上の団体料金
中学生以下と障害者手帳をご提示の方(付き添い1名を含む)は無料です。併せてMOMASコレクション(1階展示室)もご覧いただけます。
主催者
埼玉県立近代美術館
協賛・協力等
協力:JR東日本大宮支社、FA NACK5
概要
岩槻生まれの画家、田中保(やすし)(1886-1941)の回顧展を、埼玉県立近代美術館では25年ぶりに開催します。18歳で移民としてシアトルに渡った田中は、働きながら絵を学び、画家としての地位を確立しました。シアトルで出会った美術批評家、ルイーズ・ゲブハード・カンとは、国籍の違いを乗り越えて1917年に結婚しています。
1920年にパリに移住した後は、サロン・ドートンヌなどの展覧会に出品を重ねて評価を高め、肖像画や裸婦像といった分野で自らの芸術を開花させます。パリで人気画家となってからも、田中の胸中には祖国でこそ認められたいという思いがありました。しかし、日本の美術教育を受けず、アメリカで身を立ててきた田中は、生前に日本の画壇から受け入れられることはありませんでした。1970年代に作品がまとめて紹介されたことで再評価の機を得たものの、その生涯にはなおも多くの謎が残されています。
この展覧会では、埼玉県立近代美術館のコレクションを中心に借用作品を交え、最新の研究成果によって田中の画業を振り返ります。あわせて田中が生活した20世紀初頭のシアトルの状況や、パリで同時期に制作した美術家を紹介します。国際化が進み、人の移動がますます活発になった現在の視点から、海を渡って活動した田中の実像を再検証する試みです。
イベント情報
[関連イベント]
当館ホームページでお知らせします。

[スライド・トーク]
ご希望のグループにスライドを使って本展覧会の見どころを案内します(予約制)。お問合せ・ご予約は教育・広報担当(電話 048-824-0110)まで。
展示替え情報
◎会期中に一部展示替があります。
【前期】8月21日(日)まで 【後期】8月23日(火)から
ホームページ
https://pref.spec.ed.jp/momas/2022tanaka-yasushi
会場住所
〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
交通案内
■ JRをご利用の場合
JR京浜東北線 北浦和駅西口より 徒歩3分 (北浦和公園内)
JR東京駅、新宿駅から北浦和駅まで、それぞれ約35分

■ バスをご利用の場合
国際興業バス、西武バスとも 北浦和駅西口前下車 徒歩3分
ホームページ
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索