タイトル等
一笑一顰(いっしょういっぴん)―日本美術に描かれた顔―
会場
大和文華館
会期
2022-08-19~2022-10-02
休催日
毎週月曜日(ただし、9月19日<祝>は開館し、翌20日<火>が休館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時まで)
観覧料
一般630円/高校・大学生420円/小学・中学生無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
概要
“一笑一顰(いっしょういっぴん)”とは、微笑んだり眉を顰(ひそ)めたりといった、ちょっとした表情の変化のことを指します。人物の喜びや不快感を、顔や仕草であからさまに描き出した絵画がある一方で、描かれた表情だけではその思いを読み取ることの難しい作品もあります。展覧会では、大和文華館所蔵の人物画の数々に、印象的な顔の描かれた作品を加えて展示します。作品の背景となる物語や解釈もあわせてご紹介しながら、日本美術に描かれた人びとの表情にあらわれた美しさや魅力に迫ります。
顔や仕草に注目して鑑賞することで、彼ら彼女らがより身近に見えてくるのではないでしょうか。一笑一顰を見逃さないように目を凝らしながら、名品の数々をお楽しみください。
(担当 仁方越洪輝)
イベント情報
列品解説 毎週土曜日 午後2時から(当館学芸部による)

特別講演 8月28日(日) 午後2時 講堂
「王朝歌人の表情―佐竹本三十六歌仙絵『小大君』から―」
京都国立博物館研究員 井並林太郎氏

日曜美術講座 9月18日(日) 午後2時 講堂
「館蔵品に見る『引目鉤鼻』で描かれた顔」
当館学芸員 仁方越洪輝

講座 美術の窓 9月4日(日) 午後2時 講堂
連続講座「写楽―美醜を超えて」
第2回「第2期以降の写楽の役者絵~寛政6年(1794)7月から退場まで」
当館館長 浅野秀剛
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索