タイトル等
ポートレートの現代-聖徳太子からモンローまで
会場
うらわ美術館
会期
2004-04-27~2004-06-27
休催日
月曜日(5月3日[月祝]は開館、6日[木]休館
開催時間
午前10時~午後8時
(入場は午後7時30分まで)
観覧料
一般 630円(500円)
大高生 420円(330円)
中小生 210円(160円)
* ( )内は、20名以上の団体料金
主催者
うらわ美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
概要
ポートレート(肖像画・肖像彫刻)は私達にとって最も身近な絵画や彫刻の主題です。洋の東西を問わず古代から数多くのポートレートが描かれてきました。しかし20世紀になると写真の普及もあり、ポートレートは似せて描くことや記録といった役割から解放され、イマジネーション豊かに描かれるようになります。モデルとなる人物の個性や内面を見つめる画家の始点や独自の表現が注目されるようになったと言えるでしょう。描かれる対象も王や貴族などという身分の高い人物だけでなく、映画スターや歌手といった身近な有名人たちも描かれるようになり、現代のポートレートは、これまでの肖像画とはまた一味違う新しい主題として、拡張してきたと言えるでしょう。
本展では、現代、意欲的にポートレートに取り組む国内外の12人の作家を取り上げます。ピカソ、ダリ、デュフィ、ヴンダーリッヒ、ウォーホルの海外作家から、片岡球子、福田繁雄、久里洋二、柄澤斎、山本容子、籔内佐斗司、合田佐知子の国内作家まで、絵画、彫刻、版画の200余点をご紹介します。描かれる人物は聖徳太子、シェークスピア、孫悟空、マリリン・モンローなどなど、聖人や物語の主人公から俳優まで、現代ならではの幅広い顔ぶれです。画家達はどのようにモデルを見、表現するのでしょうか。誰もが知っている人物のポートレートを、現代の作家による多彩な表現でお楽しみ下さい
ホームページ
http://www.uam.urawa.saitama.jp/
展覧会問合せ先
048-827-3215(代)
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索