タイトル等
博物図譜展
博物の肖像画
会場
武蔵野市立吉祥寺美術館
会期
2004-04-01~2004-05-23
休催日
4月28日(水)
開催時間
10:00~19:30
観覧料
100円
(但し、小学生以下・65歳以上・障害者は無料)
主催者
武蔵野市立吉祥寺美術館
概要
「博物図」は、自然の事物を正確に記録し、動物や植物等の種類の別を表すことを目的に描かれたもので、“博物の肖像画”と呼ばれることもあります。
本展では、国立科学博物館をはじめ高知県立牧野植物園、玉川大学教育博物館が、それぞれ所蔵する博物図の中から、江戸後期-明治初期に図譜の制作にいそしみ、優れた博物図の数々を遺した、関根雲停、服部雪斎、中島仰山等の作品を中心に展示・紹介します。

展示作品数約40点
(会期中に、一部展示替あり)

主な展示作品
関根雲停「燕子花」「蒲公英」
服部雪斎「クロマツ」「ベニバナ」
中島仰山「うみがめ(背面)ノ図」「豹皮ノ図」
平木政次「爬虫類写生図」「蝦蟹類写生図」
牧野富太郎「コウシンソウ」「ヒメノボタン」
文部省「博物図」(掛図)
〃 「動物第一 獣類一覧」(掛図)





















ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/index.html
展覧会問合せ先
0422-22-0385
会場住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
交通案内
JR中央線、京王井の頭線「吉祥寺駅」下車徒歩約3分。
美術館専用の駐車場はありません。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索