タイトル等
画家とパレット 近代の巨匠たち
パブロ・ピカソ サルバドール・ダリ アンリ・マティス モーリス・ユトリロ
熊谷 守一 安井 曾太郎 東郷 青児 鴨居 玲 小林 和作 梅原 龍三郎 中川 一政 林 武 など
世界に2つしか存在しないユトリロのパレットを公開。
会場
尾道市立美術館
会期
2021-09-11~2021-11-14
・会期の変更、入場制限を行う場合があります。最新の情報は美術館公式ホームページでご確認ください。
休催日
月曜日[ただし、9月20日(月・祝)は開館]
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人/800円、高大生/550円
※中学生以下無料[前売りは各200円引]
※70歳以上、各種手帳(ミライロID可)をお持ちの方は、証明できるものを提示により無料
主催者
尾道市立美術館、中国新聞備後本社
協賛・協力等
後援:広島県、NHK広島放送局、尾道エフエム放送、ちゅピCOMおのみち、エフエムふくやま 協力:公益財団法人日動美術財団
概要
パレットには画家の創作の秘密が隠されています。形態の技は修練によって磨くことができますが、色彩の妙は画家一人ひとりのもつ感性によって決定づけられます。もちろん作品からもその色彩感覚を窺うことはできますが、パレットはさらにその奥のまさに画家の個性の根源を覗き見せてくれます。絵具の量や置き方、色の配列など、そこには画家の性格までもが如実にあらわれます。これらのパレットと作品を並べて鑑賞すると、今まで気づかなかった別の魅力を発見したり、作品だけを眺めた時とは違った新たな感動を覚えるに違いありません。
本展では、ピカソ、ユトリロなど海外作家に加えて、梅原龍三郎や安井曾太郎、林武など日本の巨匠たちのパレットと作品を展示、さらに当館所蔵の尾道市名誉市民の小林和作が使用したパレットと作品も加え、近代の巨匠たちの制作の秘密に迫ります。
イベント情報
こどもと大人の鑑賞会
日時:9月19日(日)、10月17日(日)
両日とも午後2時~午後3時まで
対象:中学生以下。参加無料・申込み不要。
付添いの方1名は無料で入館。
内容:こどもたちを対象にした鑑賞会です。鑑賞資料をもとに、作品鑑賞していただけます。
(なお、スタッフによる解説はありません)
ホームページ
https://www.onomichi-museum.jp/exhibition/
会場住所
〒722-0032
広島県尾道市西土堂町17-19 (千光寺公園内)
交通案内
電車で-------
JR山陽本線「尾道駅」から、東行きバス(①番のりば)で「長江口」下車、千光寺山ロープウェイで「千光寺公園」へ。 (ロープウェイのりばで、「往復乗車券+観覧券」のお得なセット販売をご利用ください。) なお、美術館最寄りの「千光寺公園」行きバスは便数が少ないのでご注意ください。

車で-------
お車の方は、千光寺山ドライブウェイ経由で「千光寺公園駐車場(有料)」をご利用くださいましたら、入館時に駐車券提示により1名に限り 割引します。
◎山陽自動車道 尾道ICより 約20分
◎山陽自動車道 福山西ICより 約15分
◎JR山陽本線「尾道駅」、JR山陽新幹線「新尾道駅」からタクシーで約15分。
ホームページ
http://www7.city.onomichi.hiroshima.jp/
広島県尾道市西土堂町17-19 (千光寺公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索