タイトル等
~故郷への想い~「狩野裕子展」
会場
中津万象園・丸亀美術館
会期
2021-07-22~2021-10-03
休催日
水曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
特別観覧料 500円(小中生200円)
入園料 700円(小中生300円)
セット券 1,000円(小中生500円)
(セット券は中津万象園の入園と丸亀美術館の入館が可能です)
前売り券800円(中津万象園・丸亀美術館利用可能)
前売り券のお求めはデュークショップ高松店
ローソンチケット(Lコード:62552)
主催者
公益財団法人中津万象園保勝会
協賛・協力等
後援:香川県 丸亀市 多度津町 善通寺市
三豊市 観音寺市
四国新聞社 読売新聞高松支局
朝日新聞高松総局 毎日新聞高松支局
RNC西日本放送 RSK山陽放送
KSB瀬戸内海放送 OHK岡山放送
TSCテレビせとうち
概要
三豊市出身の洋画家「狩野裕子」。14年の歳月をかけ昨年完成した「三豊百景」をはじめ、狩野裕子の三大モチーフである「裸婦」「桜」を含む60数点が、ここ丸亀美術館に集結しました。

三豊市出身の洋画家・狩野裕子は、自身のライフワークとして、旧三豊郡(三豊市・観音寺市)の風景を「三豊百景」と題して描き続け、2020年に完成しました。今回は、「三豊百景」完成後県内初の展覧会となり、完成披露も兼ねています。地元の皆さんにとっても馴染み深い題材が多い一方で、こんな素敵な場所があったの?という発見もきっとあることでしょう。
さらに、「狩野桜」と呼ばれる独自のタッチで描かれた桜や、年々表現力が進化する裸婦画、これまでの集大成ともいえる公募団体展最後の出品作など、画家・狩野裕子の足跡をたどる見どころ満載の個展です。
会場住所
〒763-0054
香川県丸亀市中津町25-1
交通案内
瀬戸中央道路
坂出北ICより約8.5km 約15分
坂出ICより約14km 約20分

高速道路
善通寺ICより約5km 約10分

岡山駅----(瀬戸大橋)---丸亀駅(快速便) 約55分

丸亀駅下車タクシー 約6分

多度津駅下車タクシー 約5分

讃岐塩屋駅下車徒歩 約15分
ホームページ
http://www.marugame.or.jp/shoukai/banshou/index.html
香川県丸亀市中津町25-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索