タイトル等
イマドキの野生動物 宮崎 学
宮崎学が読み解く「森の事件簿」
会場
東京都写真美術館
2階展示室
会期
2021-08-24~2021-10-31
※事業は諸般の事情により、変更することがございます。最新情報は当館ホームページでご確認ください。
休催日
毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
開催時間
10:00~18:00
(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 700円/学生 560円/中高生・65歳以上 350円
○小学生以下及び都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)は無料。 ○本展はオンラインによる日時指定予約を推奨いたします。詳しくは、当館ホームページをご参照ください。
主催者
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
協賛・協力等
[後援]信濃毎日新聞社 [協賛]ニコン/ニコンイメージングジャパン/東京都写真美術館支援会員 [協力]モンベル
概要
東京都写真美術館では、「宮崎学 イマドキの野生動物」を開催いたします。
宮崎学(1949-)は中央アルプスの麓(ふもと)、長野県上伊那郡南向(みなかた)村(現・中川村)に生まれ、伊那谷の自然豊かな環境を活かし、1972年よりフリーの写真家として活動を開始しました。「自然界の報道写真家」として、現在も日本中の自然を観察しています。
宮崎は動物たちの通り道に自作の赤外線センサー付きのロボットカメラを設置し、撮影困難な野生の姿を撮影した「けもの道」のシリーズなど、哺乳類、猛禽類の撮影において独自の分野を開拓してきました。また、人間の生活空間近くに出没する野生動物や、外来動物の影響など、動物の生態を通して人間社会を浮き上がらせる社会性のあるテーマにも取り組んでいます。
シリーズ最新作となる「新・アニマルアイズ」では、「動物たちの住む森を動物の目線で見る」をコンセプトに、動物たちの痕跡を注意深く読み解き、自作のロボットカメラで人間の目が及ばない世界をみごとに写し出しています。本展覧会は、半世紀近くにわたる宮崎の作家活動の軌跡をたどりながら、黙して語らぬ自然の姿を浮き彫りにしようとするものです。どうぞご期待ください。
イベント情報
会期中に関連事業を開催する予定です。最新情報は当館ホームページをご参照ください。
ホームページ
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4025.html
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索