タイトル等
レジデンス・プログラム
あじびレジデンスの部屋 第2期 「つくってふれてアジアの文化」
会場
福岡アジア美術館
アジアギャラリー
会期
2021-06-24~2021-09-21
休催日
毎週水曜日(水曜日が休日の場合はその翌平日)、年末・年始(12/26-1/1)
開催時間
9:30~18:00
(金曜・土曜は20:00まで) ※ギャラリー入室は、閉室の30分前まで
観覧料
一般200円 高大生150円 中学生以下無料
概要
アジアのアーティストの話を各国の言葉で聞き、一緒に触れあって作品制作するという特別な経験は、参加した子どもたちに異文化への窓を開きます。あじびでは、1999年の開館から現在までの22年間で、アジアのアーティストが考案した300もの多彩なワークショップを開催してきました。
今回の「あじびレジデンスの部屋」では、去年に引き続き「夏のワークショップ特集」として、これまでのワークショップの中からアジアの文化について理解を深める3人のワークショップを紹介。あわせて、アーティストが福岡滞在中に制作した作品も展示します。
イベント情報
作品づくりにチャレンジ!
体験ワークショップも開催

オンラインにて開催
「ベトナムのお面を作ろう!」
ベトナムの祭礼やお祝いで使用する伝統的なお面をベースにデザイン、彩色を行います。日時:7月24日(土)13:00~16:00
参加方法:オンライン(Zoom)
参加人数:小学生以上の親子7組(応募者多数の場合は抽選)

会場にて開催
「マスキングでインドの文様を作ろう!」
アクリル絵具や液体ゴムを用いて、インドの伝統的な文様を描きます。
日時:8月28日(土)10:00~14:30(昼食時間含む)
会場:交流スタジオ(8階)
参加人数:親子9組(応募者多数の場合は抽選)

※申込方法、詳細はあじびHPにてご確認ください。なお、各ワークショップの申込締切りは実施日の10日前までです。
ホームページ
https://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/11467/
会場住所
〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
交通案内
市営地下鉄
[中洲川端駅]下車、6番出口より 徒歩すぐ
福岡空港から [福岡空港駅]より 9分
JR博多駅から [博多駅]より 3分
西鉄福岡駅から [天神駅]より1分

西鉄バス
[川端町・博多座前]下車、徒歩すぐ


[太宰府]方面から
都市高速 [千代ランプ]より 車で約7分
[北九州]方面から
都市高速 [呉服町ランプ]より 車で約5分
※昭和通りより、博多リバレイン地下の駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索