タイトル等
コレクション展
江戸絵画と笑おう
明治の戯画(ぎが)も大活躍!
会場
千葉市美術館
会期
2021-07-13~2021-09-20
*内容やイベントが変更になる場合があります。最新の情報はホームページをご確認ください。
休催日
8月2日(月)、9月6日(月) *休室日=8月16日(月)
開催時間
10:00~18:00
(金・土曜日は20:00まで)
観覧料
一般 1200(960)円 大学生 700(560)円 小・中学生、高校生無料
*「前川千帆展」と「江戸絵画と笑おう」の共通チケット
*「江戸絵画と笑おう」のみご観覧の場合は、一般500(400)円、大学生400(320)円
*障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
*( )内は前売り、市内にお住まいの65歳以上の方の料金
*前売り券は、ミュージアムショップまたはローソンチケット(Lコード35076)、セブンイレブン(セブンチケット)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて7月12日まで販売(7月13日以降は当日券販売)
☆リピーター割引:共通チケット(有料)半券のご提示で、2回目以降の観覧料半額
☆ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は共通チケットが半額になります
☆本展チケットで5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」もご覧いただけます
*割引の併用はできません
主催者
千葉市美術館
概要
「江戸・明治の絵画」というと、難しくてとっつきにくいイメージがあるかもしれません。そこで本展では千葉市美術館のコレクションの中から「笑い」をキーワードとして、現代の私たちにも自然に楽しめる、親しみやすい作品を集めてみました。
犬や猫たちの無敵のかわいさに「うふふ」と頬がゆるむ動物画、ウィットに富む図柄に思わず「くすり」とさせられる戯画(ぎが)、ユーモアを交えた教義を伝える禅画(ぜんが)など、その魅力は実に様々です。夏の暑さに疲れたら、美術館でほっこり一休み。多彩な作品と触れ合う、和やかなひと時をお楽しみください。
イベント情報
内容やイベントが変更になる場合があります。
実施方法など、詳細は美術館ホームページをご確認ください。

■お楽しみ動画「どこでもえどわら!」を大公開!
ご自宅から展覧会を楽しむワンポイントをご覧いただけます。

■オンラインワークショップ
「うきうき浮人形(うきにんぎょう)―つくって 浮かべて あそぼう」
江戸の子どもたちは、人形を水に浮かべて楽しんでいたよ。つくって遊んでみよう!
開催期間:7月13日(火)-9月20日(月・祝)
対象:どなたでも/参加費:無料

■「えどわんグランプリ2021」
展示作品の中で、あなたのツボを押したのはどれ?推しの逸品を選んで投票しよう。
投票受付期間:7月13日(火)~9月12日(日)/結果発表:9月13日(月)
対象:どなたでも/参加費:無料
*会場・オンラインどちらでも参加可能です。*結果は会場と美術館ホームページで発表します。
展示替え情報
※会期中一部展示替を行います。
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索