タイトル等
没後5年
小嶋悠司展
魂の生彩-生きる者ヘ-
会場
森の美術館
会期
2021-07-01~2021-09-26
前期:2021年7月1日(木)~8月8日(日)
後期:2021年8月18日(水)~9月26日(日)

※完全予約制(電話04-7136-2207)
休催日
月・火曜日
開催時間
10:00~16:00
(入館15:30まで)
観覧料
大人600円 中高生300円 小学生以下無料
協賛・協力等
後援:流山市 流山市教育委員会
概要
小嶋悠司は、ものの形を借りず、色によって自らの思想を語ることを目指していたという。
生彩とは本来「美しいいろどり、生き生きと元気な様子」を表す言葉だが、小嶋作品を見て、どうしてこの言葉が浮かんだか不思議に思う方が多いだろう。小嶋作品が放つ色彩の奥深さ・彩りは、人生の重みや深さ・思想、すべてを表現した『魂の色』だ。生きるための彩りは一般的な鮮やかさだけでなく、苦しみや哀しみを伴う色であって良いことを、小嶋作品は教えてくれる。

現在、コロナ禍で先が見えない苦境に私たちは立たされている。苦しい世の中を生きる今こそ小嶋作品を見てほしい。
「苦しさや悲しみの中で葛藤し、もがき、その中から自ら希望を見出すこと」「自分の人生の色を彩ること」
その大切さを小嶋悠司は、すべての生きる者へ問いかけている。
展示替え情報
※2期に分けて作品の展示替えをいたします
会場住所
〒270-0122
千葉県流山市大字大畔315
交通案内
【電車】つくばエクスプレス/東武アーバンパークライン
流山おおたかの森駅 西口 徒歩20分
【バス】東武バス 南流山/クリーンセンター行 2番のりば
流山おおたかの森駅西口→大畔下車 徒歩5分
ホームページ
http://morino-bijutsukan.com
千葉県流山市大字大畔315
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索