タイトル等
ひろがる墨 ― 五彩に出会う
いろいろな墨 いろいろな色
会場
茨城県天心記念五浦美術館
会期
2021-07-28~2021-09-26
休催日
月曜日(ただし、8月9日[月・振]、9月20日[月]は開館。8月10日[火]は休館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般730(630)円/満70歳以上360(310)円/高大生520(420)円/小中生320(210)円
※( )内は20名以上の団体料金 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証を持参の方並びに付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料 ※夏休み期間を除く土曜日は高校生以下無料 ※9月15日[水]~21日[火]は満70歳以上無料

【美術館共通年間パスポートのご案内】
茨城県立の美術館(近代美術館、天心記念五浦美術館、陶芸美術館)が主催するすべての展覧会で何度でも利用いただける共通年間パスポート(一般3,150円/高大生2,100円/小中生1,050円、購入日から1年間有効)を各美術館にて販売中。
主催者
茨城県天心記念五浦美術館
協賛・協力等
後援:朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/株式会社茨城放送/NHK水戸放送局/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局/北茨城市/北茨城市教育委員会
概要
中国より伝来した墨は日本の文化史に大きな影響を与えました。岡倉天心は代表的著作『茶の本(原題 The Book of Tea)』の中で、「禅宗が水墨画を好んだのは、抽象を愛する心の表れである」と述べ、水墨画を例に東洋の精神を海外に紹介しています。「墨に五彩あり」とされるように、墨は黒単色として捉えられるのではなく、墨の諧調が織り成す色合いが私たちのイマジネーションを刺激して、観る者に様々な色彩を感じさせるのです。
本展では、茨城県近代美術館の所蔵作品を中心に、県ゆかりの横山大観や小川芋銭はもちろん、中世水墨画を代表する雪村から現在活躍中の画家まで、幅広い時代の作品を7つのテーマで紹介し、墨の世界へとご案内します。
イベント情報
〇担当学芸員による作品解説
日時:9月5日(日)/9月18日(土) 各日13時30分~(約30分)
会場:講堂(定員57名)

〇来て・見て・発見!アートツアー for kids
日時:8月7日(土) 午前の部 10時 午後の部 13時30分~
対象:各回小中学生と保護者5組

〇茨城県警察音楽隊ふれあいコンサート
日時:8月21日(土) 11時~12時
会場:エントランスロビー
特別出演:北茨城市立関本中学校吹奏楽部

イベント申込方法
イベントはすべて申込抽選制です(参加無料)。当館HPにて内容の詳細、申込期間をご確認のうえ、お申し込みください。※各イベントは日時・内容等変更となる可能性があります。

「墨de和傘」作品展示
リモートワークショップで小中学生が制作したミニ和傘を展示します。

岡倉天心記念室
岡倉天心や五浦ゆかりの画家たちの業績を資料展示しています。テーマ展示「ボストン美術館の富田幸次郎」を開催中です。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/02_tenrankai/01_kikaku.html
会場住所
〒319-1703
茨城県北茨城市大津町椿2083
交通案内
電車: JR常磐線にて大津港駅下車。タクシーで約5分。
車: 常磐自動車道、北茨城インター及びいわき勿来インターから約15分。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/
茨城県北茨城市大津町椿2083
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索