タイトル等
新収蔵作品展
棟方志功ら近代版画の名作、肉筆浮世絵の稀少作など
会場
千葉市美術館
会期
2004-02-07~2004-02-29
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
毎週金曜日は午後8時まで(入場は午後7時30分まで)
観覧料
一般 200円(160円)
大学・高校生 150円(120円)
中・小学生 100円(80円)
※( )内は団体30人以上/消費税込み
主催者
千葉市美術館
概要
千葉市の美術品の収集方針の3分野「1.房総ゆかりの作家・作品」「2.日本近世・近代の絵画と版画」「3.現代美術」に沿って、コレクションを補完する意味合いの強い、稀少性の高い作品が収集され、平成14年度には、購入32件、寄贈13件の計45件の作品が新たに千葉市美術館の所蔵品となりました。7階展示室では、これらのニューコレクションを一挙公開する展覧会を開催します。
房総ゆかりの作品では、先の所蔵作品展「夢二・深水と大正の女たち」で一足先に公開し人気のあった横尾芳月の大正時代の対策《線香花火》が注目されるでしょう。
近世絵画の新収蔵品は、いずれもごく最近新発見されたものばかりです。西川祐信《四季風俗図鑑》など、色鮮やかで細部まで描き込まれて見飽きない風俗描写は必見です。
近代版画では、棟方志功の原点というべき『星座の花嫁』や、畦地梅太郎『満州』など、なじみ深い版画家の木版画集などが並びます。
現代美術の分野では、フランスを代表するコンセプチュアル・フォトの作家、ジャン-マルク・ビュスタモントの「糸杉シリーズ」の稀少なセット作品《無題 1993》などにもご注目下さい。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索