タイトル等
所蔵企画展 現代日本画と工芸
会場
メナード美術館
会期
2004-01-02~2004-02-22
休催日
月曜日(但し1月12日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
★2月7日(土)は午後7時まで開館
観覧料
一般700円(600円) 高大生500円(400円) 小中生300円(250円) ( )内は20名以上の団体料金*障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料
主催者
メナード美術館
概要
伝統的な画材や手法を基盤にしながらも、新たな表現を生み出している現代の日本画と工芸。そこには人間や自然、国内外の風景などをテーマに、現代に生きる作家ならではの視点がみられます。
本展では昭和後期から平成にかけて、美術界を担った大家たちの力みなぎる作品や昭和世代の気鋭の作品など約60点を展観します。

【主な作品】
・絵画
橋本明治《銀扇》
東山魁夷《曠原(ドイツ、リューネブルガー・ハイデ)》
髙山辰雄《鳥と》
髙山辰雄《銀河を見る少女》
平川敏夫《春秋》(屏風)
加山又造《音》
平山郁夫《紫宮観望》(屏風)
田渕俊夫《煌》(屏風)
・工芸
加藤卓男《ラスター彩草花文水指》
鈴木蔵《志野花器》
*初出品
田渕俊夫《大和大柳生》(屏風)
鈴木五郎《伊賀椅子》
樂吉左衞門(15代)《黒茶碗 銘杳杳》

【イヴェント】
講座「この一点を語る」
2月7日(土)午後6時~ ★当日は午後7時まで開館
作品:平川敏夫《春秋》
講師:同館学芸員
ホームページ
http://www.menard.co.jp/museum/
展覧会問合せ先
メナード美術館 0568-75-5787
会場住所
〒485-0041
愛知県小牧市小牧5-250
交通案内
[公共交通機関]

[名古屋駅より]

名鉄バスセンター「高速バス 桃花台線」 名鉄メンズ館4F のりば[23] ―(40分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

名鉄 名古屋 ―(15分 犬山線)― 岩倉 名鉄バス「小牧駅行き」のりば[1] ―(20分)― 「市民病院前」経由 メナード美術館前 / 「市役所」経由 小牧市民病院北
(豊橋・岡崎方面の方)

[栄より]

栄バスターミナル「高速バス 桃花台線」オアシス21 のりば[8] ―(30分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

地下鉄 栄 ―(10分 名城線右回り)― 平安通 ―(20分 上飯田線 (名鉄小牧線乗入れ))― 名鉄 小牧駅


[車]

東名・名神「小牧I.C」名古屋方面…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞
名古屋方面から名古屋高速「小牧南出口」…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞

国道19号線「春日井インター東」交差点より西へ約8km


最寄駅:名鉄 小牧駅
[西口] 徒歩15分
[東口] バス 5分
のりば[1] こまき巡回バス
のりば[4] 名鉄バス「岩倉駅行」
ホームページ
http://museum.menard.co.jp
愛知県小牧市小牧5-250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索