タイトル等
企画展
「 広重の富士 不二三十六景を中心に」展
会場
公益財団法人 茂木本家美術館
会期
2021-03-31~2021-05-16
休催日
(月火休館)
開催時間
10:00~16:00
観覧料
大人700円 小中学生400円
概要
富士山はその美しい姿から古来より日本人の心をとらえてきました。江戸時代の人々にとっても富士山は信仰の対象であるとともに、江戸の町から見ることのできた日常の生活の中にある景色でした。
富士山を描いた浮世絵では葛飾北斎「冨嶽三十六景」が有名ですが、歌川広重も富士山を描いており、横大判「不二三十六景」(1852〈嘉永5〉年頃)と竪大判「冨士三十六景」(1858〈安政5〉年頃)の2つのシリーズが出版されています。
広重は、それぞれのシリーズで、富士山とともに季節の移り変わりや庶民の姿を描いています。
本展では広重の「不二三十六景」、「冨士三十六景」から、様々な魅力の富士山をご紹介します。
ホームページ
http://www.momoa.jp/exhibition2.html
会場住所
〒278-0037
千葉県野田市野田242
交通案内
■ 東武野田線野田市駅より徒歩8分
■ 常磐自動車道流山I.C.を出て、野田結城方面(旧松戸野田有料道路)に進み約8.5km中野台交差点を右折、下町交差点(左側はコナカ)の次の信号を左折正面
ホームページ
http://www.momoa.jp/index.html
会場問合せ先
ご予約専用電話 04-7120-1489
千葉県野田市野田242
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索