タイトル等
神戸ファッション美術館×東京富士美術館 コラボ企画 きらびやかなドレス×格調高い絵画“夢の競演”
絵画のドレス|ドレスの絵画
会場
東京富士美術館
会期
2021-02-13~2021-05-09
休催日
月曜日【5/3(月・祝)は開館】
開催時間
10:00~17:00
(16:30受付終了)
観覧料
大人:1,300(1,000)円|大高生:800(700)円|中小生:400(300)円|未就学児無料
※( )内は各種割引料金[20名以上の団体・65歳以上の方・当館公式LINE登録者ほか] ※土曜日は中小生無料 ※誕生日当日にご来館された方はご本人のみ無料[証明書をご提示ください。休館日の場合は適用できません。なお誕生日当日の無料適用は2021年12月末をもって終了とさせていただきます] ※障がい児者、付添者1名は通常料金の半額[証明書をご提示ください] ※新館常設展示室もご覧になれます
主催者
東京富士美術館
協賛・協力等
後援:八王子市、八王子市教育委員会、八王子商工会議所
企画協力:神戸ファッション美術館 協力:ロホン・フィリップ・クルエ
概要
絵画の中に没入するかのような新感覚の体験を
日本でファッションをテーマにした初めての公立美術館である神戸ファッション美術館は、18世紀から20世紀にかけての服飾作品をはじめ、マネキンや靴、帽子、扇、傘などの装飾小物を幅広く収集し、その服飾スタイルは「ロココ」「エンパイア」「クリノリン」「バッスル」「アール・ヌーヴォー」など多岐にわたっています。また、当館には16世紀から20世紀の西洋絵画・写真作品があり、中でも18世紀から20世紀にかけてのフランスを中心としたコレクションが充実しています。
このたび、当館と神戸ファッション美術館とのコラボレーション企画として、同館の全面的な協力のもと、当館の絵画や写真の中に登場する人物が身につけている衣装に着目しながら、神戸ファッション美術館所蔵の同時代の服飾作品を併せて展示します。双方の作品を展示することにより、時代を経て今に残る実物の服飾作品をとおして、時空を超えたかのような臨場感をもって、絵画の世界を体感していただけたら幸いです。
イベント情報
詳細はHPにてお知らせします
■「絵画のドレス|ドレスの絵画」展 スペシャル・トーク
内容:神戸ファッション美術館の浜田久仁雄学芸員に、服飾作品のもつ魅力についてお話しいただきます(オンライン形式)
開催日時:3月6日(土)、4月3日(土)各回14:00~(所要時間 約30分)

■「絵画のドレス|ドレスの絵画」展 スライドトーク
内容:本展の担当学芸員が本展の見どころや主要作品について、スライドを使い、オンラインで解説します
開催日時:2月20日(土)、3月20日(土・祝)、4月17日(土)、5月1日(土)
各回14:00~(所要時間 約30分)
ホームページ
https://www.fujibi.or.jp/exhibitions/profile-of-exhibitions/?exhibit_id=3202102131
会場住所
〒192-0016
東京都八王子市谷野町492-1
交通案内
バス_

JR八王子駅
北口・西東京バス12番のりばより
(ひよどり山トンネル経由)
創価大正門東京富士美術館行き
創価大学循環
(12:29発までは14番のりばより発車)

北口・西東京バス11番のりばより
(八日町経由)
創価大学循環
(12:29発までは14番のりばより発車)

京王八王子駅
西東京バス4番のりばより
創価大正門東京富士美術館行き
創価大学循環

JR拝島駅 ※1時間1本程度運行
西東京バス3番のりばより
工学院大学(高月経由)行き、「創価大正門東京富士美術館」で下車
純心女子学園行き、「純心女子学園」で下車、徒歩10分

JR秋川駅 ※1時間1本程度運行
西東京バス2番のりばより
京王八王子駅(サマーランド、ひよどり経由)行き、「純心女子学園」で下車、徒歩10分

高速道路_

中央高速八王子インターチェンジ
第2出口より八王子市街方面へ進み、国道16号に合流。
三つ目の信号(谷野街道入口)を右折、直進し、二つ目の信号(谷野町)を右折。

圏央道あきる野インターチェンジ
秋留橋を左折し、国道411号線(滝山街道)に合流。
国道16号方面(八王子市方面)へ直進(6km)。
純心学園前交差点を右折し直進(700m)。
ホームページ
http://www.fujibi.or.jp/
東京都八王子市谷野町492-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索