タイトル等
特別展
奈良中宮寺の国宝
うつくしき慈悲(じひ)のほとけに
中宮寺の国宝からガンダーラ、中国、朝鮮半島、日本の半跏思惟像が一堂に
会場
九州国立博物館
3階特別展示室
会期
2021-01-26~2021-03-21
観覧には、オンラインでの日時指定チケット[事前予約]が必要です。
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)毎週金・土曜日は午後8時まで夜間開館(入館は午後7時30分まで)状況により夜間開館を行わないことがあります。
観覧料
一般1,800円、高大生*1,200円、小中生*800円
*大学生以下の方は日時指定チケットとあわせて展示室入口にて学生証や生徒手帳等をご提示ください。※上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご覧いただけます。

[日時指定チケット・事前予約について]※2020年11月2日発売開始(予定)
ご入場には、オンラインによる日時指定チケット(事前予約)が必要です。
詳しくは特設チケットページ(https://chuguji.ticket.artne.jp/)をご確認ください。
〇新型コロナウイルス感染症予防のため、招待券や障がい者手帳等をお持ちの方を含め、全てのお客様が事前に特設チケットページより来場日時の予約、購入が必要です。
〇障がい者等とその介護者1名は無料です。日時指定チケットとあわせて展示室入口にて障害者手帳等(詳細については当館ホームページ等をご確認ください)をご提示ください。
〇クレジットカードの決済ができない場合など、ローソンチケット(Lコード:82441)でもご購入いただけます。
但し、ご購入前に、必ず日時指定の予約を行っていただく必要があり、購入の際に各種手数料がかかる場合があります。ご了承ください。
〇本展ではスムーズな運営を図るため、キャンパスメンバーズ券以外の各種会員制度やクーポン等による各種割引のお取り扱いはございません。
お問合せ:中宮寺の国宝展事務局(西日本新聞イベントサービス内)TEL092-711-5491(平日午前9時30分~午後5時30分)
主催者
中宮寺、九州国立博物館・福岡県、日本経済新聞社、西日本新聞社、テレQ
協賛・協力等
[共催](公財)九州国立博物館振興財団 [特別協賛]積水ハウス [協賛]大林組、サンエムカラー、ダイキン工業 [特別協力]太宰府天満宮
[協力]アイリスオーヤマ [後援]福岡市、太宰府市、太宰府市商工会、太宰府観光協会
概要
うつくしき慈悲(じひ)のほとけの姿をこの目で
斑鳩(いかるが)の地で尼寺として創建された中宮寺。その当初の伽藍(がらん)の様子や、紡(つむ)がれてきた歴史、聖徳太子との深いつながりを示します。
鎌倉時代には尼僧信如(にそうしんにょ)が天寿国繍帳を再発見し、寺を再興しました。
度重(たびかさ)なる災厄(さいやく)を経た中宮寺は、近世には門跡(もんぜき)寺院として営まれました。
こうした歴史をひもとくだけでなく、本尊の菩薩半跏思惟像の造形のルーツを、遠くガンダーラから中国、朝鮮半島そしてわが国の飛鳥(あすか)時代へとたどります。
今なお私たちの心を魅了し続ける美しき本尊。文学者や写真家らの眼差しを通した賛美の姿もご紹介します。
ホームページ
https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s59.html
会場住所
〒818-0118
福岡県太宰府市石坂4-7-2
交通案内
【西鉄電車】
西鉄福岡(天神)駅から 西鉄天神大牟田線(特急約13分 / 急行約17分)で 西鉄二日市駅乗り換え、西鉄太宰府線(約5分)で 西鉄太宰府駅下車、徒歩約10分 ※特急/急行料金不要

【JR】
JR博多駅から JR鹿児島本線(快速約15分)で JR二日市駅下車、JR二日市駅から 西鉄二日市駅(徒歩約12分、バス約5分)、西鉄二日市駅から 西鉄太宰府線利用

【西鉄バス】
博多バスターミナル(1階11番のりば太宰府行き)から 西鉄太宰府駅下車(所要時間約40分)、徒歩約10分

【九州自動車道】
太宰府IC または 筑紫野ICから 高雄交差点経由で 約20分

【福岡都市高速】
水城出口から 高雄交差点経由で 約20分

【タクシー利用】
JR二日市駅から 約15分・福岡空港から 約30分
ホームページ
http://www.kyuhaku.jp/
会場問合せ先
【NTTハローダイヤル】 050-5542-8600
福岡県太宰府市石坂4-7-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索