タイトル等
デビュー50周年記念
萩尾望都 ポーの一族展
会場
長島美術館
会期
2020-12-12~2021-01-17
※新型コロナウイルス感染状況により、会期等変更になる可能性がございます。
休催日
期間中無休
開催時間
9時~17時
(入館は16時30分まで)
※元日は11時開館、1月16日(土)は19時まで(入館は18時30分まで)
観覧料
一般1,000円(前売800円)、高・大学生700円、小・中学生500円
※20名様以上の団体は2割引
前売券販売所:山形屋、コープかごしま、高木画荘、大谷画材、集景堂、チケットぴあ、イープラス、長島美術館受付
主催者
長島美術館、朝日新聞社、KKB鹿児島放送、南日本新聞社
協賛・協力等
後援:鹿児島県、鹿児島市教育委員会 総監修:萩尾望都 特別協力:小学館 協力:宝塚歌劇団、秋田書店、講談社、集英社、新書館、白泉社
概要
「ポーの一族」を中心に半世紀の軌跡をたどる原画展
日本の漫画表現に革新をもたらした萩尾望都さん。
バンパネラ(吸血鬼)の一族に加えられ、少年の姿のまま永遠の旅を続ける主人公・エドガーの
哀しみを描いた「ポーの一族」は、1972年に発表された第1作から多くの読者を魅了してきました。2016年、40年ぶりの連載再開が大きな反響を呼び、2018年には宝塚歌劇団が満を持して舞台化するなど、今なお世代を超えて読み継がれています。
本展ではデビュー50周年を記念し、代表作「ポーの一族」を中心に、「トーマの心臓」をはじめとする名作の数々を紹介します。「ポーの一族」新シリーズや本展のための描き下ろしを含む原画、予告カットなど300点以上を出品し、少女漫画にとどまらず他分野にも多大な影響を及ぼした「萩尾望都の世界」の魅力に迫ります。
イベント情報
美術館スタッフによるガイドツアー
日時/毎週日曜日14時~(最終日を除く) 場所/長島美術館別館地下展示室
※申込不要、無料(ただし、当日入館券が必要)
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/entry2.html
会場住所
〒890-0045
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
交通案内
○車:九州自動車トンネル経由10分 ※敷地内に200台(普通車)分の駐車スペースをご用意しています。 ○JR:「鹿児島中央駅」下車、西口より車で5分 ○バス:鹿児島中央駅東22番乗り場から、鹿児島交通 (11、13、17、18、20、22、27、30、33)、南国交通 (武岡ハイランド、西郷団地行き)。各々「武中学校下バス停」下車、徒歩坂道上り20分
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索