タイトル等
河鍋暁齋の底力
初公開多数。
下絵だけじゃだめですか?
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2020-11-28~2021-02-07
休催日
月曜日(1/11、2/1は開館)、年末年始(12/28~1/1)、1/12(火)
開催時間
10時~18時
(金曜日は20時まで)
*入館は閉館30分前まで
観覧料
一般1200円、高校・大学生1000円、中学生以下無料
*障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催内容が変更になる場合があります
本展チケットは日時指定の事前購入制です。
ご来館前にローソンチケットをお買い求めください。
[購入方法]
販売期間=11/9(月)10時から2/7(日)17時|Lコード=34337
店頭購入=ローソン・ミニストップ店内Loppi|インターネット予約=https://I-tike.com/event/kyosai-ex/

*入館時間枠など詳細は当館サイトまたはインターネット予約サイトでご確認ください。
*障がい者手帳等お持ちの方は100円引き(介添者1名は無料)。
*前売券・団体券の販売、割引・クーポンの使用はすべて中止とさせていただきます。
*以下に該当する方は直接美術館へお越しください(日時指定不要)。→中学生以下、年間パスポート・東京駅周辺美術館共通券2020・招待券・招待ハガキ・株主サービス券をお持ちの方
*会期最終週を除く平日のみ、ローソンチケットが販売枚数に達していない場合に限り、美術館でもチケットを販売します。確実にご入館いただくためには事前購入を強く推奨します。なお、販売状況のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
主催者
東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]、公益財団法人河鍋暁齋記念美術館
概要
たぶん史上初!*1 純度ほぼ100%の暁齋展
江戸から明治にかけて活躍した絵師、河鍋暁斎(かわなべきょうさい)(1831~1889)の展覧会は、これまで何度も開かれてきましたが、それらとは異なり、この展覧会では、暁斎の本画*2 を一切展示しません。展示するのは、河鍋暁斎記念美術館の充実した収蔵品から厳選した素描、下絵、画稿、宴席などにおいて即興で描かれた席画、弟子の参考に描いた絵手本など、暁斎の生の筆遣いが感じられる作品ばかりです。
本画は完成度が高い一方で、筆勢が抑制された、いわばお行儀のいい作品であり、彩色などには時に弟子の手が入ることもありました。また、暁斎には多くの版画作品がありますが、これらは暁斎の原画を、彫師と摺師、すなわち他人の協力を得て完成させたものです。
これに対して下絵や画稿、席画などは100%暁斎の手になるもので、筆の勢いや執拗な描き込み、瞬時に発揮される構想力など、その卓越した筆力をまざまざと感じさせてくれます。本展は、あえて本画を展示せず、暁斎の描写と表現の力量のみを、存分に味わっていただこう、というチャレンジングな試みです。
*1東京ステーションギャラリー調べ
*2本画=下絵を描き、彩色を施した完成作品
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202011_kawanabe.html#price
会場住所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
交通案内
《JR線 東京駅から》
JR 東京駅 丸の内北口 改札前 (東京駅丸の内赤煉瓦駅舎内)

《東京メトロ 丸の内線 東京駅から》
(1) 改札を出てJR線方面(八重洲方面)に向かい、JR丸の内地下中央改札の手前を左折します。
(2) みどりの窓口の前を通過し、丸の内北口方面の階段を上がります。
(3) 東京駅丸の内北口ドーム内に入ると、左手に当館入口がございます。
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
東京都千代田区丸の内1-9-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索