タイトル等
窓展 窓をめぐるアートと建築の旅
ボナール、クレー、ラウシェンバーグ、ティルマンスからル・コルビュジエ、カーンまで
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2020-10-13~2021-01-11
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、会期の変更や、関連プログラムの中止または変更の可能性がございます。お出かけ前に当館HP等でご確認ください。
休催日
月曜日 (11月23日、2021年1月11日は開館)、11月24日(火)、12月25日(金)~31日(木)
開催時間
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
一般950円(760円) 大学生650円(520円)
高校生以下または18才未満・丸亀市内に在住の65才以上・各種障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金
*同時開催常設展「猪熊弦一郎展 1930年代の具象表現」観覧料を含む

前売券販売場所
〔丸亀〕あーとらんどギャラリー 0877-24-0927/オークラホテル丸亀 23-2222/おみやげSHOPミュー 22-2400
主催者
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団、東京国立近代美術館、一般財団法人 窓研究所
協賛・協力等
助成|スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団
後援|在日スイス大使館、ポーランド広報文化センター
学術協力|五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修)
概要
身近にあって私たちの生活に欠くことができない窓。四角い枠で世界を切り取って私たちに見せてくれる窓は、同じく四角い枠で囲われた、ここではない世界をもたらす絵画と深い関係にあると考えられてきました。時代が下るにしたがって、写真や映像、インスタレーションにも同じ関心が引き継がれ、今日に至っています。
また建築の分野では、気候風土に合わせた工夫や技術の発展、美的な配慮が、各時代や地域にさまざまな窓を生み出してきました。
本展では、一般財団法人 窓研究所による知見を得て、ボナールやクレーの絵画から現代美術まで、窓に関わる美術作品をご覧いただくとともに、ル・コルビュジエ、カーンなどの建築家の貴重なドローイングもあわせてご紹介します。ジャンルを横断して広がる窓の世界をお楽しみください。
イベント情報
関連プログラム
親子でMIMOCAの日
高校生以下または18歳未満の観覧者1名につき、同伴者の方はどなたでも2名まで無料となります。
日時:11月14日(土)、15日(日) 10:00-18:00
※この他の関連プログラムは、随時、当館HP等でお知らせします。
ホームページ
https://www.mimoca.org/ja/exhibitions/2020/10/13/2049/
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索