タイトル等
植松永次「庭でみつけた流れ星」
会場
ARTCOURT Gallery
会期
2020-11-14~2020-12-19
*新型コロナウィルスの感染拡大状況などにより、会期や開廊時間が変更される場合があります。
休催日
※日・月・祝 休廊
開催時間
11:00~18:00
(土曜日17:00まで)
主催者
アートコートギャラリー(株式会社八木アートマネジメント)
協賛・協力等
協賛: 三菱地所株式会社、三菱マテリアル株式会社、三菱地所プロパティマネジメント株式会社
概要
アートコートギャラリーでは、三重県の伊賀を拠点に、土と火を素材として作品を制作する植松永次(b. 1949)の個展を開催します。
土の存在そのものを感じさせる立体や、植物や水が陶と融合する作品、空間を意識的に使ったインスタレーションなど、植松の制作は、従来の陶芸の枠におさまらない多様さを呈しながら、あくまでも土と火に向き合う透徹した態度に支えられています。
植松の土による仕事は幼少期の土いじりを原点として、「表現すること」に疑問を持った20代に再び土と出会い、「表現しない、つくらない」そして「土の質を確かめる」ことから始まりました。初期には「もの派」やアースワークとの関連で語られることもありましたが、つねに自らが目にし肌身で感じ取るものに立脚しようとする上で、土という素材の扱いや制作プロセス、提示方法など、陶芸のあり方をも相対化する姿勢は、陶芸や彫刻といった既存のジャンルにとらわれることなく、揺るぎない土の佇まいが静けさと情緒を纏う独自の造形を生み出してきました。生活の中で感じる風、光、色、音、その中に宿る生の息吹を土に託し、自らの手、眼と土との対話から見つけ出された形を火によって留める。作者の自己とそれをとりまく世界が土と火を介して一体となったかのような作品は、人間の身体感覚では測れない時間の流れや空間の奥行きさえ感じさせ、それらを前にするとき、私たちは根源的な何ものかに触れたような驚きと懐かしさを覚えます。
植松は80年代初頭、「涸沼・土の光景」展、「土・イメージと形体 1981-1985」展などに参加し、現代美術、現代陶芸の双方において注目を集めて以来、各地の美術館やギャラリーで発表を重ねてきました。2016年、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでの個展「兎のみた空」では作家の約40年にわたる多彩な表現を緊密に展示することで、その意義と重要性が改めて示されました。2018年には世界最高峰の国際アートフェアFrieze New Yorkにて個展をおこない、2020年12月~2021年2月に兵庫陶芸美術館での個展が予定されるなど、国内外での評価がさらに高まるなか、当廊で初の個展開催となります。
イベント情報
*作家在廊日: 11月14日 [土]、12月19日 [土]
ホームページ
https://www.artcourtgallery.com/exhibitions/14086/
会場住所
〒530-0042
大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
交通案内
◎電車でお越しの場合
JR環状線[桜ノ宮]駅西口より徒歩8分
地下鉄[南森町]・JR東西線[大阪天満宮]1番出口を出て左に徒歩10分

◎タクシーでお越しの場合:新大阪駅より15分・大阪駅より10分

◎お車でお越しの場合:国道1号線東天満交差点を北へ2つ目の信号右折
OAP駐車場:OAPタワー地下[200円/30分]
ギャラリー駐車場:1~2台収容可[ギャラリー南側]
ホームページ
http://www.artcourtgallery.com/
大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索