タイトル等
モノクロームの詩
―版画に見る細密表現の世界
会場
青梅市立美術館
会期
2020-09-19~2020-11-23
・新型コロナウィルスの感染状況によっては、会期及び開館時間に変更が生じる場合があります。ご来館に当たっては、事前に当館ホームページなどで、開館情況をご確認ください。
休催日
毎週月曜日(9月21日と11月23日は開館し、9月23日(水)を休館とします)
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人200円(160円)、小・中学生50円(40円)
*( )内は20名以上の団体割引料金です。
*障害者手帳をお持ちの方と付添いの方1名(障害者手帳をご提示ください)、青梅市内在住の65才以上の方(免許証、保険証など住所と生年月日のわかるものをお一人ずつご提示ください)は無料です。
*青梅市内の小・中学生は土・日・祝日無料です。
*館内での飲食、施設敷地内での喫煙、また展示室内での撮影や携帯電話の使用はご遠慮ください。

青梅市吉川英治記念館オープンに伴う共通観覧券の発売
9月7日(月)に青梅市吉川英治記念館が、青梅市の施設としてオープンします。これに併せて青海市立美術館との共通観覧券を発売することになりました。青梅市に来られた際には、是非2つの館をご見学ください。
*共通観覧券で特別展をご覧になることはできません。
料 金:大人600円、小人200円
発売場所:青梅市立美術館、青梅市吉川英治記念館
主催者
青梅市立美術館
概要
版画家の中には銅版画家を中心に、細密表現を好む作家がいます。本展では館蔵品の中から、一原有徳、長谷川潔、浜田知明、井上員男、中林忠良、山野辺義雄、坂爪厚生、日和崎尊夫、小林敬生、丹阿弥丹波子、清原啓子などのモノクローム作品を紹介します。刻みだされた細密表現と漆黒の世界をお楽しみください。
イベント情報
新型コロナウィルス感染防止対策の一環として、本展会期中のイベント(ギャラリーガイド等)の開催はございません。
ホームページ
https://www.city.ome.tokyo.jp/site/art-museum/25185.html
会場住所
〒198-0085
東京都青梅市滝ノ上町1346
交通案内
● 電車でお越しの場合
JR 青梅線 青梅駅 下車徒歩6分
▪ 東京駅から JR中央線快速電車で 立川駅まで約60分
▪ 立川駅から 青梅線に乗り換え、青梅駅まで約30分

● 車でお越しの場合
青梅街道沿い (無料駐車場あり、大型バス駐車可)
▪ 圏央道 青梅ICより 約20分
▪ 中央道 八王子第二ICより 約40分
ホームページ
http://www.ome-tky.ed.jp/shakai/bijutsu/
東京都青梅市滝ノ上町1346
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索