タイトル等
特別展
光ミュージアム所蔵 美を競う 肉筆浮世絵の世界
北斎、広重、国芳、英泉も! あの人気絵師の「一点もの」 初の一挙公開!!
会場
大分市美術館
企画展示室
会期
2020-10-02~2020-11-23
休催日
令和2年10月12日(月曜日)、19日(月曜日)、26日(月曜日)、11月9日(月曜日)、16日(月曜日)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般1,000円(800円)、高校生・大学生700円(500円)中学生以下無料
※()は前売り、20名以上の団体料金です。
※上記観覧料でコレクション展も併せてご覧いただけます。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。
※本展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。

前売券
販売期間:9月1日~10月1日
販売所:大分市美術館、大分合同新聞社本社・プレスセンター、大分放送事業部、トキハ会館、
ローソンチケット(Lコード 81434)、チケットぴあ(Pコード 685-356)

きもの割
会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
大分市美術館受付で券売スタッフにお声がけください。
主催者
大分市美術館、大分合同新聞社、OBS大分放送、肉筆浮世絵展実行委員会
協賛・協力等
後援 エフエム大分、J:COM大分ケーブルテレコム
特別協力 光ミュージアム
監修 鈴木浩平(美術史家)、故・永田生慈(美術史家・北斎研究家)
企画協力 アートシステム
特別協賛 ヤクシングループ 風之荘
概要
江戸美術の華、浮世絵は、色鮮やかに摺(す)られた多色摺木版画「錦絵(にしきえ)」が広く知られていますが、これは、絵師のほか、彫師(ほりし)、摺師(すりし)らの分業によって量産され、庶民向けに安価に販売されたものです。これに対し「肉筆浮世絵」は、富裕層から注文を受けた絵師が、高価な画材を使って一筆一筆丹念に描写し、彩色を施した、貴重な一点物の絵画作品です。
本展は国内屈指の肉筆浮世納コレクションを誇る、光(ひかる)ミュージアム(岐良県高山市)の厳選された名品約110点を一挙公開する初の展覧会になります。美人画を中心に、北斎、広重、国芳、英泉、芳年ら、江戸中期から明治時代に至る人気絵師たちの、個性や力量をじかに感じ取れるまたとない機会です。
豪華な着物の文様、結髪の毛筋の精緻な描写など、肉筆浮世絵ならではの濃密・華麗な、美の競演をお楽しみください。
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/o210/bunkasports/bunka/bijutsukan/special_exhibition/ukiyoe2020.html
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索