タイトル等
新収蔵品展
-中国考古美術とインドの楽器を中心に-
会場
天理大学附属 天理参考館
会期
2004-01-05~2004-02-29
休催日
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
開催時間
午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
観覧料
通常料金でご覧いただけます。
一般 大人400円、団体(20名以上)300円、小・中学生200円
主催者
天理大学附属天理参考館
概要
当館の収蔵品は、生活文化資料と考古美術資料からなり、1階から3階までの常設展示室と、3階にある企画展示室で一般に公開されています。これまで多くの方々のご協力によるご寄贈、あるいは購入などの方法で世界各地からさまざまな資料が寄せられ、少しずつではありますが、充実した内容となってきています。
しかし、これまでは新しく入ったそれらの収蔵品を広く紹介する機会が少ないのが現状でした。そこで、恒常的な常設展示やある特定のテーマに即した企画を立案して催す企画展や特別展示とは別に、新しい試みとして、これら未公開資料をまとめて速報的に展覧する「新収蔵品展」を開催することといたしました。
出品資料は考古美術部門では、新石器時代から唐代にいたる中国考古美術の優品24点と生活文化部門からインドの楽器と仮面23点の他に、国内資料9点の計56点です。平成13から15年にかけて収集した資料の中から選りすぐりの品をご紹介いたします。
本展開催を機に、当館が行っております収集活動の一端をご理解願えれば幸いに存じます。
ホームページ
http://www.sankokan.jp/
展覧会問合せ先
TEL 0743-63-8414
会場住所
〒632-8540
奈良県天理市守目堂町250
交通案内
[電車でお越しになる場合]
JR桜井線 天理駅・近鉄天理線 天理駅 下車

=天理駅より=
[徒歩でお越しになる場合]
約20分

[バスでお越しになる場合]
●桜井駅北口行 天理市庁前下車
進行方向1つ目の信号を左折し 徒歩約8分
天理駅発(平日・土・日祝) 10:00 11:20 12:40 14:05 15:20

●天理大学行(杣之内キャンパス) 通学バス
天理大学より 徒歩約2分
天理駅発 10:30 12:30 14:30
※天理大学行バスの運行日は、普通授業・補講・集中講義・定期試験および学年始め・学年末行事期間のみです。

[自動車でお越しになる場合]
西名阪自動車道から 天理インターより 南へ約3km 守目堂交差点を左へ

名阪国道から 天理東インターより 南へ約3km 杣之内町交差点を右へ

桜井方面から 守目堂交差点を右へ

●駐車場 無料
※期間により駐車場への入場・駐車が規制される場合があります。
ホームページ
http://www.sankokan.jp/
奈良県天理市守目堂町250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索