タイトル等
競演 近代日本画 新旧コレクションの魅力
(特集展示)没後10年 奥田善巳 -ネガとポジ・空間と平面-
会場
西宮市大谷記念美術館
会期
2021-02-20~2021-03-21
休催日
水曜日
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般500円、高大生300円、小中生200円
*西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
主催者
公益財団法人 西宮市大谷記念美術館
協賛・協力等
後援 西宮市、西宮市教育委員会
概要
◯ 競 演 近代日本画 新旧コレクションの魅力
恒例の近代日本画を一堂に展示するコレクション展を2月20日より開催します。このたびは大谷竹次郎コレクションの優品と、昨年度の新収蔵作品をはじめ近年収集した作品を紹介します。新・旧コレクションの「競演」をおたのしみください。

[旧]西宮市大谷記念美術館の近代日本画コレクション
当館所蔵品の基礎となる大谷竹次郎コレクションは日本とフランスの近代絵画を中心に構成されています。そのなかで日本画は、竹内栖鳳、山元春挙、上村松園、橋本関雪といった京都画壇の画家ばかりではなく、横山大観、川合玉堂、伊東深水ら東京で活躍した画家の作品も多く含まれています。このたびは東西両画壇の優品を中心に約15点の作品を紹介します。

[新] コレクションの充実と個性派の画家たち
1972年11月の開館以降も当館では入江波光、西村五雲、菱田春草などの作品収集を徐々に進め、コレクションの充実に努めました。さらには、西宮に画室を構え油彩画の技法を果敢に採り入れて独自の画境を切り拓いた異色の画家山下摩起や、中国遍歴を機に従来の南画とは一線を画した風景作品を手がけた福田眉仙、前衛日本画グループ「パンリアル美術協会」の中心メンバーとして活躍し斬新な作品を次々と世に出した下村良之介ら、関西で活躍した個性派の画家たちの作品も加わりました。このたびは山下摩起の新収蔵作品をはじめ、開館以後に収集した作品約20点を紹介します。


◯【特集展示】 没後10年 奥田善巳 -ネガとポジ・空間と平面-
1931年京都府に生まれた奥田善巳は、1960年代より神戸を拠点に活躍した現代美術作家です。当初は立体作品やドローイングによるコンセプチュアル(観念的)な作品を制作していましたが、1980年代以降は抽象表現による油彩画を発表します。黒の地塗りに単色の絵の具で彩られた画面は、極めてシンプルな構成ですが、鮮烈な色彩と力強いストローク(筆跡)により、見る者に強い印象を与えます。このたびの特集展示では、没後10年ならびに作品の受贈を機に、当館で所蔵する主に1960年代から90年代にかけて制作された作品約30点を紹介します。生誕日に当たる2月27日[土]には奥田善巳と関わりの深かった植松奎二氏(現代美術作家)と当館館長による対談を開催します。
イベント情報
イベント情報 ※変更になる場合がございます
講演会「阪神間モダニズムと今竹七郎」 「今竹七郎展」関連イベント
【実施日】2020年10月18日(日) 14:00~15:30
【講 師】山野英嗣 氏(和歌山県立近代美術館 館長)
【定 員】50名(小学生以上)
【申込方法】2020年9月27日(日)午前9時から電話(0798-33-0164)で受付開始(先着順)
*入館料が必要です

講演会「今竹七郎と大阪」 「今竹七郎展」関連イベント
【実施日】2020年10月25日(日) 14:00~15:30
【講 師】菅谷富夫 氏(大阪中之島美術館 館長)
【定 員】50名(小学生以上)
【申込方法】2020年9月27日(日)午前9時から電話(0798-33-0164)で受付開始(先着順)
*入館料が必要です

ワークショップ①「視て感じる文字を作る」「今竹七郎展」関連イベント
雑誌や書籍、チラシやポスターなど私たちの身の回りにある印刷物は、文字とビジュアルイメージで構成されています。文字はイメージに合わせて書体が選ばれます。このワークショップではデザインされた文字に注目し、自分だけのオリジナルな書体を作ります。
【実施日】2020年11月3日(火・祝) 14:00~16:00
【講 師】高橋善丸 氏(グラフィックデザイナー・大阪芸術大学教授)
【対 象】子ども(小学3年生~中学生まで)と大人のペア
【参加費】500円(別途要入館料)
【定 員】大人と子どものペア9組(応募者多数の場合は抽選)
締め切りは10月13日(火)必着
*新型コロナウイルス感染拡大の状況により、中止や延期になることがあります。

ワークショップ②「ワクワクを社会に」「今竹七郎展」関連イベント
こんなものがあればうれしい!あの人に喜んでもらいたい!こんな時間をつくりたい! デザインのはじまりはワクワクする気持ちから。そのワクワクを社会に活かしていくために、ワークショップを通じてデザインの価値や可能性を楽しく学びましょう。
【実施日】11月8日(日) 14:00~16:00
【講 師】清水柾行 氏(グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター・大阪芸術大学教授)
【対 象】デザインに興味のある、デザイナーの仕事に興味のある中学生・高校生・楽しいことを考えたい!という大人
【参加費】500円(別途要入館料)
【定 員】9名(応募者多数の場合は抽選)
締め切りは10月18日(日)必着
*新型コロナウイルス感染拡大の状況により、中止や延期になることがあります。

ワークショップ③「コラージュで雑誌の表紙を作ろう」「今竹七郎展」関連イベント
デザインの基本講座へようこそ!ここでは、コラージュという印刷物や写真を切り貼りして画面を構成する技法を用いて、ビジュアルイメージを作っていきます。世界で1つのあなたオリジナルの雑誌表紙をデザインしましょう。
【実施日】11月15日(日) 14:00~16:00
【講 師】才村昌子 氏(グラフィックデザイナー・大阪芸術大学非常勤講師)
【対 象】小学生以上
【参加費】500円(別途要入館料)
【定 員】9グループ(1グループ2名まで・応募者多数の場合は抽選)
締め切りは10月25日(日)必着
*新型コロナウイルス感染拡大の状況により、中止や延期になることがあります。

第176回 オータニミュージアムコンサート 吉田紘子ヴァイオリンコンサート
【日 時】2020年11月23日(月・祝) 14:00~15:30
【定 員】60名(小学生以上)
【申込方法】2020年10月25日(日)午前9時より電話0798-33-0164で受付開始(先着順)
*参加費無料ただし入館料が必要です。
ホームページ
http://otanimuseum.jp/exhibition_210220.html
会場住所
〒662-0952
兵庫県西宮市中浜町4-38
交通案内
■ 公共交通機関で
●阪神沿線より (大阪方面より)
「西宮」で普通電車に乗り換え、次の駅「香櫨園」下車。
「香櫨園」からは南西へ徒歩6分。

●阪神沿線より (神戸方面から)
「御影」もしくは「芦屋」まで特急に乗車、普通電車に乗り換え「香櫨園」下車。
「香櫨園」からは南西へ徒歩6分。

●JR沿線より
「さくら夙川」下車。
国道2号線を西へ向かい、夙川沿いを南に下り、南西へ徒歩15分。

●阪急沿線より
特急に乗車、「夙川」下車。
夙川沿いを南に下り、南西へ徒歩18分。

■ お車で
美術館と国道43号線の間に専用駐車場(15台)がありますが、駐車まで長時間お待ちいただく場合もあります。
また近隣道路は駐車禁止です。
なるべく公共交通機関をご利用ください。

●大阪・京都方面から
阪神高速3号神戸線 武庫川出口 / 名神高速道路 西宮出口で神戸方面に向い、そのまま国道43号線を神戸方面(西行き)へ。
夙川を越えて約300m先「西宮市大谷記念美術館」標識を左折。

●神戸方面から
阪神高速3号神戸線 西宮出口を出て、そのまま国道43号線「戎前」交差点をUターンし神戸方面(西行き)へ。
夙川を越えて約300m先「西宮市大谷記念美術館」標識を左折。
ホームページ
http://otanimuseum.jp/home/index.html
兵庫県西宮市中浜町4-38
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索