タイトル等
うらわ美術館開館20周年記念
芸術家たちの住むところ
会場
うらわ美術館
会期
2020-04-25~2020-08-30
前期 2020年4月25日(土曜日)~6月21日(日曜日)
後期 2020年6月30日(火曜日)~8月30日(日曜日)
休催日
月曜日(ただし5月4日、8月10日は開館)、5月7日、6月22日~29日、8月11日
開催時間
10時~17時
金曜日・土曜日のみ~20時(入場は閉館30分前まで)
観覧料
一般 830(660)円、大高生 520(410)円、中学生以下無料
・( )内は20名以上の団体料金
・障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は半額
・リピーター割引:観覧済の有料観覧券の提示により、団体料金(観覧日から1年、1名、1回限り有効)

前・後期共通チケットを割引価格で!
一般 1200円、大高生 700円

観覧無料期間実施!
20周年記念
4月25日(土曜日)~5月6日(水祝)

オリンピック・パラリンピック連携記念
7月23日(木祝)~7月31日(金曜日)
主催者
うらわ美術館
協賛・協力等
企画協力 日動美術財団
概要
2000年4月29日、うらわ美術館は、多くの芸術家が集まり文化を育んできた浦和の街に誕生しました。その開館20周年を記念し、各地の美術館や関係機関の所蔵作品と当館収蔵品を交え、美術を通してゆかりの土地を改めて見つめ直す展覧会を開催します。

いつの頃からか「鎌倉文士に浦和絵描き」という言葉が聞かれるようになりました。大正12年の関東大震災後、東京から芸術家がさいたま市の浦和地域に移り住んだことが一つの背景として挙げられますが、他にもこの土地が絵描きの町となった要因は様々にありました。なぜ、彼らはこの土地を選び、居住の地としたのでしょうか。そしてここで何を感じ、どのような作品を生み出したのでしょうか。本展では芸術家同士の繋がりや様々なエピソード、時代状況等を照査しつつ、この土地に集った芸術家たちの作品やその背景をひも解きます。文化の礎を築いた美術家たちの足跡、そして活躍の場を広げていった様子を、作品そして資料とともに展覧します。
ホームページ
https://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/exhibition/upcoming/p069249.html
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索