タイトル等
<企画展>
田島征三展『ふきまんぶく』-それから、そして、今ー
会場
安曇野ちひろ美術館
展示室4
会期
2020-03-01~2020-05-11
休催日
3月25日(水)、4月22日(水)
開催時間
9:00~17:00
観覧料
大人900円/高校生以下無料
団体(有料入館者20名以上)は700円/65歳以上、学生の方は700円/障害者手帳ご提示の方、介添えの方(1名)は無料/年間パスポート3000円

入館無料デー
日頃の感謝を込めて、長野県及び美術館近くの市町村にお住いのみなさまをご優待します。
3月8日(日) 松川村民感謝デー
3月22日(日) 長野県民感謝デー
協賛・協力等
特別協賛 株式会社ジャクエツ
協賛 小野谷機工株式会社
協力 偕成社、童心社
概要
泥、水、空。地球を代弁するアーティスト田島征三

本展では、絵本『きんまんぶく』を起点として、田島征三が描く生命の表現の軌跡を紹介します。
自然豊かだった東京都日の出村(現・日の出町)での生活体験をもとに描いたこの絵本は、大胆な構図、いきいきとした少女、泥絵の具の質感などが読者をとらえ、田島の代表作のひとつに挙げられます。本書の原画、スケッチを展示し、描かれた当時の背景も紹介します。
その20年後、田島は同地で取り組んでいたゴミ処分場建設反対運動の体験を元に『やまからにげてきた・ゴミをぽいぽい』を制作しました。また、2005年からは、田島らの発案で、韓国、中国、日本の絵本画家たち12名による平和絵本プロジェクトを開始。戦いで失われていった命を描いた『ぼくのこえがきこえますか』を通して、戦争の愚かさを表現しました。
現在制作中の絵本『つかまえた』(仮題)の原画や、タブロー作品から、命を描き続ける田島征三の今をご覧いただきます。
イベント情報
田島征三アーティストトーク
4月12日(日) 11:00~
田島征三が自らの作品や絵本『ふきまんぶく』制作のエピソードを語ります。
トーク終了後にはサイン会も。
参加費:無料(入館料のみ) ※参加自由

田島征三&ふき 親子『ふきまんぶく』トークライブ
4月12日(日) 14:00~15:30
共催:松川村図書館
田島征三、大澤ふき親子による楽しいトーク。絵本『ふきまんぶく』制作のエピソードや当時の暮らし、作品への思いを語ります。大澤ふきによる沖縄民謡弾き語りライブもお楽しみください。
会場:松川村・すずの音ホール
参加費:500円
定員:250名
申し込み:要事前予約(松川村図書館TEL.0261-62-0450)

映画『絵の中のぼくの村』上映会
3月15日(日) 14:00~16:00
参加費:200円(入館料別)
定員:50名 申し込み:要事前予約
田島征三の自伝的エッセイ『絵の中のぼくの村』を原作とした映画を上映します。
田島征三、征彦、双子の兄弟の少年時代の思い出が生き生きと描かれています。
第46回ベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞。
監督・東陽一、1996年製作。

田島征三の「絵本のじかん」
3月14日(土)・22日(日)・28日(土)・4月11日(土) 11:00~11:30
絵本『ふきまんぶく』をはじめ、田島征三の絵本の読み聞かせを行います。
参加費:無料(入館料のみ) ※参加自由

ワークショップ
「春を束ねる・ミニブーケづくり」
3月29日(日)13:30~15:30
講師:木下いずみ(hanaizumi主宰)
参加費:2000円(入館料別) 定員:20名
申し込み:要事前予約

ベビーカーでお出かけしよう!
ファーストミュージアムデー
4月4日(土)10:30~11:30
ファーストミュージアムとは、生まれてはじめて訪れる美術館のこと。あかちゃん絵本の読み聞かせや美術館ガイドツアーなど、あかちゃんといっしょに美術館をゆったり楽しみましょう。
対象:0歳~2歳の子どもとその保護者 参加費:無料(入館料のみ)
申し込み:要事前予約

開館記念日 4月19日(日)
当日ご来館の先着100名に、ポストカードをプレゼント!

●絵本のじかん
季節や展示にあわせた絵本の読み聞かせや素話を、親子でお楽しみください。
日時:毎月第2・4土曜日 11:00~11:30

●ギャラリートーク
展示室で作品を見ながら、担当学芸員が展示の見どころなどをお話します。
日時:毎月第2・4土曜日 14:00~ちひろ展/14:30~田島征三展
ホームページ
https://chihiro.jp/azumino/exhibitions/04868/
会場住所
〒399-8501
長野県北安曇郡松川村西原3358-24
交通案内
[電車によるアクセス]

■安曇野ちひろ美術館の最寄り駅
●JR大糸線 信濃松川駅
信濃松川駅から 安曇野ちひろ美術館まで 約2.5km
・タクシー 約5分
・レンタサイクル 約15分
・徒歩 約30分
※ レンタサイクルは、信濃松川駅前で借りることができます。お問い合わせ先:セピア安曇野・松川村観光協会 TEL. 0261-62-6930

●JR大糸線 穂高駅
穂高駅より あづみ野周遊バス利用 約20分
※ あづみ野周遊バス
穂高駅を中心とした安曇野の観光地を巡る周遊バスです (運行区間内は乗り降り自由)。
4月下旬から11月上旬まで土日祝のみ運行。 (ただし、GW・7月下旬~9月上旬は平日も運行)

●JR大糸線 信濃大町駅
信濃大町駅より 信濃大町周遊バス「ぐるりん号」利用 約35分
※ 信濃大町周遊バス「ぐるりん号」
7月上旬から11月上旬までの土日祝のみ運行。 (ただし、7月下旬~9月上旬は平日も運行)

■長野市からのアクセス
長野駅から JR篠ノ井線にて 松本駅 へ
松本駅で JR大糸線に乗り換え 信濃松川駅 もしくは 穂高駅 下車

長野駅から 松本駅を経由し、南小谷駅へ行くリゾート列車も利用できます。(1日1往復)

<補足>
長野市からは大町への高速バスもございます。
※ このバスをご利用の場合は、信濃大町駅バス停にて下車、JR大糸線に乗り換え 信濃松川駅 まで電車をご利用ください。
また、7月上旬から11月上旬まで 大町周遊バス「ぐるりん号」が運行しております。安曇野ちひろ美術館を通るコースもございますので、ご利用ください。

■松本市からのアクセス
JR大糸線にて 信濃松川駅 もしくは 穂高駅 下車

[飛行機(信州まつもと空港)からのアクセス]
信州まつもと空港から、安曇野市(穂高駅前)・池田町(道の駅池田)・松川村(すずむし荘)・大町市(大町温泉郷)・白馬村(神城駅、白馬八方バスターミナル)・小谷村(栂池高原)を往復するシャトルバスが運行しております。
・安曇野ちひろ美術館最寄の停車バス停 : 松川村(すずむし荘) 下車 徒歩 5分程度

[都心から高速バスによるアクセス]
東京 新宿駅西口バスターミナル から白馬方面へ高速バスが運行しております。
・安曇野ちひろ美術館最寄の停車バス停 : 安曇野松川 下車 タクシー 約8分

[車によるアクセス]

長野自動車道「安曇野」I.C.より 大町・白馬方面へ 約30分
※駐車台数 200台(第1・2駐車場合計) 大型バス 8台(第1駐車場)
※第1駐車場から美術館までは約徒歩2分です(一部段差あり)。 お体の不自由な方は、身障者用駐車場もございますので、事前にご連絡ください。(TEL:0261-62-0772)

※2012年10月7日より 豊科ICは 安曇野ICへ名称変更いたしました
ホームページ
http://www.chihiro.jp/
会場問合せ先
テレフォンガイド:0261-62-0777
長野県北安曇郡松川村西原3358-24
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索