タイトル等
葉祥明の絵本原画展
あのひのこと
東日本大震災から九年
「あのひのこと」を忘れないで…
会場
北鎌倉 葉祥明美術館
会期
2020-02-29~2020-03-27
休催日
年中無休
開催時間
10:00~17:00
観覧料
大人600円 小中学生300円
協賛・協力等
協力:リアス・アーク美術館、佼成出版社
概要
9年前、東日本大震災が発生しました。
地震後の火災・津波だけでなく、福島第一原子力発電所の事故へとつながり、連鎖的に大きな被害が引き起こされました。

絵本「あのひのこと」のあとがきでは『どう生きるか』を投げかけています。
『2011年3月11日は、私たちにとって、生涯忘れられない日となりました。被災地のみなさまにとっては、あらゆるものを失うという筆舌を尽くしがたい出来事だったでしょう。大地も人も動物も、そして社会も生活も、深く傷つきました。この苦しみや悲しみをいかにして乗り越え、生き続けるか。しかし、古来より、幾度となく日本列島を襲った大変動、大災害にも耐え、人びとは辛抱強く生きのび、再生してきたのです。―自然を畏れ、敬う心を忘れることなく。少年のおじいちゃんへの思い、そして共に助かった子犬の「うみ」が、みなさまにとっても希望の光となってくれれば幸いです。 葉 祥明』

9年前に起きた大震災。その場所から遠く離れて暮らしていると日常の中で被災地のことを忘れがちになります。しかし、今もなお、避難生活を余儀なくされている方々がたくさんいらっしゃいます。本作が被災地を思い出し、再び心を寄せるきっかけとなれば幸いです。
地震でお亡くなりになられた方々、被災された皆さまに、重ねて心よりお見舞い申し上げます。
イベント情報
*特別イベント1* リアス・アーク美術館副館長・山内氏が語る
「あのひのこと」被災地の今
【内容】宮城県気仙沼にあるリアス・アーク美術館副館長が自身の被災した体験を元に、当時の様子や自然災害にどう備えるべきか、どう次世代に伝えていけば良いのかを現地の状況をふまえながらお話しいただきます。
【日時】2020年3月14日(土) 14:00~
【料金】入館チケット代のみ
【場所】企画展示室
※予約不要(混雑時には立ち見の場合もございます。)

*特別イベント2* 作者・葉祥明によるミュージアムトーク&サイン会
【日時】2020年3月21日(土) 14:00~
【料金】入館チケット代のみ
【場所】企画展示室
※予約不要(混雑時には立ち見の場合もございます。)
会場住所
〒247-0062
神奈川県鎌倉市山ノ内318-4
交通案内
JR横須賀線・北鎌倉駅より徒歩7分
ホームページ
http://www.yohshomei.com/
神奈川県鎌倉市山ノ内318-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索