タイトル等
深沢幸雄銅版画展
会場
伊丹市立美術館
会期
2003-11-01~2003-12-14
休催日
月曜日(祝日は開館、翌日休館)
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 700円(500円)
高・大学生 350円(250円)
中・小学生 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
概要
深沢幸雄は1924(大正13)年に山梨県で生まれ、東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業後、千葉県市原市舞鶴に移住、ここにアトリエを構え、美術教師をしながら当初油絵を描きました。しかし、戦中に痛めた右膝の骨の疾患によって油絵の大作制作が困難となって以降、駒井哲郎、浜田知明らの作品に見せられ、1954年より独学で銅版画に取り組みました。以後そのすぐれた銅版画の技法を駆使して、数々の魅力的な作品を制作、日本を代表する銅版画家として、国内外の展覧会に多くの作品を発表、今日にいたっています。
本展では、初期の内面の追及と技法の模索から生まれたモノクローム版画から、メキシコ古代文明に対する共感から一挙に昇華した強烈な色彩版画へと移行、ついで自己の祖先モンゴロイドに見る壮絶な歴史叙事詩の展開、その後一点してメゾチント技法が生み出すやさしい心象叙情詩の世界、さらには1990年以降の、そのメゾチント主流の表現にこれまでの様々な技法を取り入れ、新しい可能性を追求した人間賛歌に至るそれぞれの時期を代表する作品181点を紹介します。ここには自己の様式を確立した後、その版画世界に充実と深化をもとめた宮沢賢治『春と修羅』、アルチュール・ランボー『酔いどれ船』など銅版画集全10冊が含まれています。これら深遠な詩情を秘める銅版画はわたしたちを静かな感動へと導かずにはおかないでしょう。
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
展覧会問合せ先
Tel.072-772-7447
会場住所
〒664-0895
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
交通案内
阪急伊丹駅より徒歩北東へ約9分 JR伊丹駅より徒歩北西へ約6分
阪急バス伊丹中央停留所より徒歩北へ約3分
阪神高速11号池田線 豊中北ICより約15分
名神高速 尼崎ICより約20分
中国自動車道 中国豊中ICより約20分・宝塚ICより約30分
専用駐車場なし(宮ノ前地下有料駐車場等をご利用ください)
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索