タイトル等
企画展
きらきらでん(螺鈿)
会場
根津美術館
展示室1・2
会期
2021-01-09~2021-02-14
日時指定予約制 ご来館前に当館ホームページより日時指定入館券をご購入ください。
http://www.nezu-muse.or.jp
休催日
毎週月曜日ただし1月11日(月・祝)は開館し、翌12日(火)休館
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1300円 学生1000円
障害者手帳等提示者および同伴者1名は200円引き、中学生以下は無料

日時指定予約のお願い
ご来館前に当館ホームページより日時指定入館券をご購入ください。
1月4日(月)より当館ホームページで受付を開始します。
新型コロナウイルス感染拡大防止策の一つとして、すべてのお客様を対象とするオンラインによる日時指定予約制を導入いたしました。
・ご来館前日までに日時指定入館券をご購入ください(クレジットカード決済のみ)。
・根津倶楽部会員や招待はがき等をお持ちで入館無料の方も予約が必要です。
・ご予約は4名までとさせていただきます。団体でのご来館は当分の間ご遠慮ください。
ご理解、ご協力をお願い申し上げます。
概要
輝く真珠層を持つ貝を文様の形に切り抜き、嵌め込んだり貼り付けたりして装飾する技法、螺鈿。「螺」は巻き貝、「鈿」は貝で装飾するという意味です。アジア圏では漆工技法にも取り入れられ、主に夜光貝や鮑(あわび)貝が用いられました。貝片の色は単なる白ではなく、内から放光するかのような青から赤のグラデーションのきらめきを持ちます。その貝と漆独特の美しい艶とで織りなされる世界は古来、人々を魅了してきました。
本展覧会では根津美術館の所蔵品を中心に、日本における螺鈿技術の受容と展開の歴史をたどりながら、中国大陸・朝鮮半島・日本・琉球の、きらきらの螺鈿の魅力をご堪能いただきます。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索