タイトル等
企画展
モノクロームの冒険
―日本近世の水墨(すいぼく)と白描(はくびょう)―
会場
根津美術館
展示室1・2
会期
2020-09-19~2020-11-03
休催日
9/21日(月・祝)を除く毎週月曜日、9/23(水)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1100円 学生800円
障害者手帳等提示者および同伴者1名は200円引き、中学生以下は無料

[日時指定予約制] ご来館前に当館ホームページより日時指定入館券をご購入ください。 http://www.nezu-muse.or.jp
新型コロナウイルス感染拡大防止策の一つとして、すべてのご来館者を対象とするオンラインによる日時指定予約制を導入いたしました。
・ご来館前日までに日時指定入館券をご購入ください(クレジットカード決済のみ)。
・根津倶楽部会員や招待はがき等をお持ちで入館無料の方も予約が必要です。
・ご予約は4名までとさせていただきます。団体でのご来館は当分の間ご遠慮ください。
9月上旬より当館ホームページで受付を開始します。ご理解、ご協力をお願い申し上げます。
概要
墨は、東洋において、文字を書く際の主たる材料であると同時に、書と密接に関わって展開した画(絵画)にとっても最重要の材料であり続けてきました。そうした墨で描かれる絵画は、濃淡や暈(ぼか)し、抑揚のある描線を駆使する水墨画と、均質な細い線を主とする白描画の大きく2つに分けることができます。
本展は、墨の可能性をそれぞれ追求してきた水墨と白描、その表現の魅力を、日本近世の作例によってご覧いただくものです。狩野派、琳派、丸山四条派の画家たちは、趣向を凝らした水墨で個性を競い合い、土佐派や住吉派、復古大和絵派は、ストイックな白描で観る者を清浄な境地に誘います。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索