タイトル等
万葉歌を観る
万葉びとのこころを映した絵画から
会場
武蔵野市立吉祥寺美術館
会期
2003-09-21~2003-10-25
休催日
9月24日(水)
開催時間
10:00~19:30
観覧料
100円(但し、小学生以下・65歳以上・障害者は無料)
主催者
武蔵野市立吉祥寺美術館
概要
「万葉のふるさと」といえば誰もが思い起こすのは明日香や高岡の地ではないでしょうか。しかしここ武蔵野も「東歌」が詠まれたところとして万葉集と深く関わりがあります。当館では、最近ともすれば忘れがちな「読書の秋」を再認識する一つの場として、万葉集を題材にとった絵画の展覧会を開催することにしました。遠い昔に生活していた人々に思いを馳せて、秋の夜長の一時、わが国の代表的古典を紐解いてくださるきっかけになれば幸いです。
展示作品:奈良県立万葉文化館、高岡市万葉歴史館等12の美術館や機関が所蔵する日本画21点。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/index.html
展覧会問合せ先
0422-22-0385
会場住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
交通案内
JR中央線、京王井の頭線「吉祥寺駅」下車徒歩約3分。
美術館専用の駐車場はありません。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索