タイトル等
芹沢銈介が愛した椅子と木箱
会場
静岡市立芹沢銈介美術館
会期
2019-12-12~2020-03-22
休催日
毎週月曜日(1/13、2/24は開館)、1/14、2/12、2/25、年末年始(12/26~1/3)
開催時間
9:00~16:30
観覧料
一般420円/高校生・大学生260円/小学生・中学生100円/未就学児無料
(団体割引は30名以上でご利用いただけます)
※静岡市内在住または静岡市内の小・中学校に在学中の方は無料
※静岡市内在住70歳以上の方、身体障がい者手帳等の交付を受けている方とその介助者1名は無料
概要
芹沢銈介は収集家としても著名で、当館には4500点に及ぶ世界の工芸品が収蔵されています。本展では、その中から椅子40点、箱60点をご紹介します。家具の中でも芹沢が好んだのが椅子です。ヨーロッパやアフリカの椅子を中心に、多数の椅子を集め、常に取り替えながら身辺に置いていました。また、螺鈿・竹・革などを使った韓国の箱、タイの蛙型の箱、ヨーロッパの曲げ物の箱、メキシコの木箱、インドの金庫など、世界各国のさまざまな箱も集めました。45歳のころ「わたしは金があったら、箱をあつめてみたいとおもいますよ。」と述べていますが、実際にその後の収集でも、箱類は大きな1グループを形成することになります。芹沢の目を通して集められた品々を、どうぞお楽しみください。
展示室の前半には、「寿の字のれん」「布文字春夏秋冬二曲屛風」「李朝の函文帯地」など、芹沢銈介を代表する作品70点を展示いたします。
イベント情報
会期中のイベントにつきましては、お電話にてお問合せいただくか、ホームページをご覧ください。
ホームページ
https://www.seribi.jp/exhibition.html
会場住所
〒422-8033
静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
交通案内
[バス]
静岡駅南口、しずてつジャストライン22番バスのりばから、「登呂遺跡」行きに乗車、終点「登呂遺跡」にて下車。約12分。

[タクシー]
静岡駅南口から登呂公園へ。約10分。

[東名高速]
静岡インターより約10分。
(「登呂遺跡」の道路標識をたどっておこしください)
ホームページ
http://www.seribi.jp/
静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索