タイトル等
保科豊巳退任記念展
萃点
会場
東京藝術大学大学美術館
本館3階
会期
2020-01-07~2020-01-19
休催日
2020年1月14日〈火〉
開催時間
10:00~17:00
(入館は閉館の30分前まで 1月7日〈火〉は19:00閉館)
観覧料
無料
主催者
東京藝術大学美術学部 東京藝術大学大学美術館
協賛・協力等
企画|東京藝術大学美術学部 油画企画実行委員会 助成|公益財団法人朝日新聞文化財団 東京藝術大学美術学部杜の会
概要
本展覧会は、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻にて25年間に亘り教鞭を執ってきた保科豊巳の退任記念展です。保科豊巳はまだ学生であった80年代初期から、現代美術の第一線のフィールドで活動してきました。同時に東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻にて後進を育て、研究室から多数のアーティストを輩出させた優れた教育者でもあります。
1953年生まれの保科は、20世紀の激動のアートシーンや思想の生々しさの中を駆け抜けつつも、故郷・長野の風土と深い自然に育まれた身体性を保ち続けてきました。その作品世界は一貫して、東洋的な思想と西洋史のダイナミズムを融合させ、森羅万象に抱かれる自然観をより広い次元に拡張させるものです。1980年代「高山登・川俣正・保科豊巳 三人展」を皮切りに「第12回パリビエンナ一レ」に参加、その後もギリシャ、フランス、アメリカなど世界各国に発表の場を広げてきました。さらに近年では、中国やバングラデシュでの作品発表など、アジアにおいて濃密な発表活動を繰り広げています。
この展覧会は、「ポストもの派」の時代から長く現代に至るまで、20、21世紀の表現の場を駆け抜けた証人のひとり、さらに優れた研究者、教育者、大学における改革者である保科豊巳の、鋭くそぎ落とされた純粋な原点を提示し、その情念的かつ知的な人間性を社会に広く示すものです。
ホームページ
https://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2019/hoshina/hoshina_ja.htm
展覧会問合せ先
ハローダイヤル 03-5777-8600
会場住所
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
交通案内
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分、停留所「東京芸術大学」下車(30分間隔)
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/
東京都台東区上野公園12-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索