タイトル等
奈義町現代美術館開館25周年記念
永原トミヒロ展ー静なる景色ー
会場
奈義町現代美術館ギャラリー
会期
2019-10-26~2019-12-08
休催日
月曜日、祝日の翌日 11月4日(月・祝)開館、11月5日(火)休館
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般・大学生200円(高校生以下・75歳以上無料)
※常設展と一緒にお求めの場合は通常入館料700円でご覧いただけます。
主催者
奈義町現代美術館
概要
人影のない町並みを青白いクールな風景として描く永原トミヒロの個展。その光景は日本のどこでも見ることができる平凡な郊外を描いた風景です。しかし、人の気配がないその風景は神秘的で幻想的で特別な風景として存在しています。現実的でありながらも非現実的な境を往来していく絵画世界として観る者に迫ってきます。物寂しくも空ろで静寂な絵の感触はどこか怖さも持ちあわせた独特のものです。画家・永原トミヒロにとって岡山初個展になります。
イベント情報
◎多世代交流広場「ナギテラス」(美術館から徒歩5分)にも平面作品を展示。
「ナギテラス」岡山県勝田郡奈義町豊沢314
10月26日(土)~12月8日(日) 午前9時~午後4時 入場料:無料

◎映像作家、セルジオ・パストーレによる映像インスタレーション展示
11月1日(金)~4日(月・祝) 美術館展示室「大地」
イタリアの気鋭映像作家、S・パストーレが、永原作品を題材にした新作の映像インスタレーションを展示します。

◎ARTIST×CAFE Vol.83
永原トミヒロ(画家)×セルジオ・パストーレ(映像作家)
11月2日(土) 午後3時~4時 美術館喫茶室
チケット制300円(飲み物付/入館料別途必要)
両作家が参加者とお茶を飲みながら、イタリアのアート状況や作品への思いをお話します。

◎ワークショップ「ゾートロープをつくろう!」
11月4日(月・祝) 午後3時~4時 多世代交流広場「ナギテラス」
「ゾートロープ」を体験。アニメの原形の「フェナキストスコープ」の発展版です。中心にビー玉を置き、回してアニメーションにする
というもので、子どもにも簡単につくれるスコープです。
講師:セルジオ・パストーレ(映像作家)
参加費:200円(入館料別途) 参加定員:7名
参加対象:子どもから大人まで(小学3年生以下は保護者同伴)

◎ワークショップ「奈義町の秋の味覚を描こう!」
水性ペン、水性塗料を用いて「にじみ/ぼかし」の技法を使い、秋の野菜を描いていきます。
11月24日(日) 午後2時~4時 多世代交流広場「ナギテラス」
講師:永原トミヒロ(画家)
参加費:無料(入館料別途) 参加定員:10名
参加対象:子どもから大人まで(小学3年生以下は保護者同伴)
持参物:汚れてもよい服装
申し込み先:奈義町現代美術館 Tel.0868-36-5811/Fax.0868-36-5855
nagimoca@town.nagi.okayama.jp

◎学芸員によるギャラリー・トーク(会期中随時)
ご希望の方に学芸員が作品解説をいたします。
※学芸員不在の場合もございますのでご了承下さい。
ホームページ
http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/news/nagaharatomihiro.html
会場住所
〒708-1323
岡山県勝田郡奈義町豊沢441
交通案内
① JR津山線 (所要時間:岡山より約1時間40分)
JR岡山駅 ―(津山線)― 津山駅 ―(中鉄バス、タクシー)― 美術館

② 智頭急行/智頭線 (所要時間:新大阪より約2時間40分)
JR新大阪駅 ―(特急スーパーはくと)― 智頭駅 ―(タクシー)― 美術館

③ 航空機 (所要時間:岡山空港より約1時間40分)
岡山空港 ―(リムジンバス)― 津山駅前 ―(中鉄バス、タクシー)― 美術館

⑤ ハイウェイバス (所要時間:大阪より約2時間50分)
大阪駅発、新大阪駅経由 ―(中国縦貫自動車道ハイウェイバス)― 美作インター停留所 ―(豊沢交通、タクシー)― 美術館
ホームページ
http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/
岡山県勝田郡奈義町豊沢441
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索