タイトル等
ガウディ かたちの探求展
会場
東京都現代美術館
会期
2003-10-04~2003-12-14
休催日
月曜日(10/13、11/3、11/24は開館)、10/14、11/4、11/25
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 1200円
学生 960円
中・高校生、65歳以上 600円
主催者
(財)東京都歴史文化財団、東京都現代美術館、読売新聞東京本社
概要
アントニ・ガウディ(1852-1926)は19世紀から20世紀への転換期に活躍した建築家で、今もバルセロナで建設中のサグラダ・ファミリア聖堂の設計等、独創的な建築で広くその名を知られています。そのガウディの生誕150周年を記念して昨年バルセロナで開催された「国際ガウディ年」関連行事の核として大きな話題を呼んだのが「ガウディ かたちの探求」展です。
ガウディがその生涯をかけて研究と努力を重ね、ようやく獲得した独特の建築造形。その一見複雑で難解、そして装飾的に思えるかたちのうちに、実は、素材を生かし現実的に機能する、幾何学的な構造が介在していたことが、近年のコンピューター技術の発展の力を借りて初めて解き明かされるようになってきました。ガウディの天才とは、まさにこの自由なかたちの発想とそれを裏づける論理的な思考の結びつきにこそあったのです。
「国際ガウディ年」総合ディレクターをつとめた美術評論家のダニエル・ジラル=ミラクラ氏とそのチームが、模型やCGを駆使して近年のガウディ研究の成果をわかりやすく提示するこの展覧会は、これまでのガウディ観を新たなものにすることでしょう。なお日本唯一の会場となる東京展開催に際し、バルセロナでの展示に、ガウディの人と作品を写真や家具、資料などによって紹介するイントロダクションを付け加え、本格的なガウディ展として構成します。
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒135-0022
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
交通案内
最寄駅
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3出口より徒歩13分
東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

「木場」「菊川」駅のほかにも、「錦糸町」「東京」「とうきょうスカイツリー」「押上」「秋葉原」「新橋」「葛西」「豊洲」駅などから都営バスでもお越しになれます。

お車でお越しのお客様
首都高速9号深川線「木場」出口から約5分「枝川」出口から約10分です。

駐車場について
台数:約100台 / 福祉車両専用スペースあり
料金:普通車 1時間300円 (以降30分ごとに150円)
大型バス 1時間1000円 (以降30分ごとに500円)
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索