タイトル等
国宝 大徳寺聚光院の襖絵
会場
東京国立博物館
会期
2003-10-31~2003-12-14
休催日
月曜日(翌日の場合は翌日)
開催時間
9:30~17:00
※金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 1300円(950円)
高・大学生 800円(500円)
小・中学生 300円(150円)
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者とその介護者1名は無料
主催者
東京国立博物館、大徳寺聚光院、NHK、NHKプロモーション、日本経済新聞社
概要
大徳寺(京都市)の塔頭(たっちゅう)聚光院(じゅこういん)は、戦国時代の武将三好長慶(みよしながよし)の菩提を弔うために永禄9年(1566)に創建。その方丈を飾る襖絵46面は、桃山時代を代表する画家 狩野永徳(かのうえいとく)とその父 松栄(しょうえい)によって描かれました。本展では、国宝に指定され、通常は非公開となっているこれらの襖絵を、方丈の建築にあわせた立体的構成で全点一堂に展示。永徳24歳の時の作とされる《花鳥図》と《琴棋書画図(きんきしょがず)》の力強く颯爽とした筆遣いを間近でご鑑賞いただける、初の試みの展覧会が実現します。また、千利休の墓碑があり、三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)の菩提所でもある聚光院および利休ゆかりの作品、茶道具や創建期の関係資料もあわせて展示、同寺が歴史と文化に果たした役割を広く紹介いたします。その他、本年、聚光院伊東別院に寄贈された千住博筆の襖絵の一部も展示いたします。
ホームページ
http://www.tnm.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索