タイトル等
広島開館10周年記念特別展
東山魁夷の青 奥田元宋の赤
―色で読み解く日本画―
会場
山種美術館
会期
2019-11-02~2019-12-22
休催日
月曜日[但し、11/4(月)は開館、11/5(火)は休館]
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、および前売料金
*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料
*本展使用済入場券(有料)のご提出で、会期中入館料が団体割引料金となります(1枚につき1名様1回限り有効)
きもの割引 会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります
*但し、複数の割引の併用はできません
主催者
山種美術館、日本経済新聞社
協賛・協力等
[協賛]SMBC日興証券 [協力]谷中得応軒
概要
東山魁夷の青、奥田元宋の赤―。特定の色が画家の名と結び付けられ、代名詞のように語られることがあります。絵画の中の色は、作品のイメージや画家本人の世界観を伝えるうえで、重要な役割を担っています。このたび山種美術館では、近代・現代の日本画から、印象的に色が表された作品を取り上げ、画家と色の密接な関わりをひもとく展覧会を開催いたします。
元来、日本美術の伝統的な絵具には、鉱石や貝殻をはじめとする天然素材が主に用いられてきました。近代に入ると、新たに開発・輸入された合成絵具や西洋の色彩学が日本画家に大きな影響を与え、制作の幅を広げることにつながりました。その一方で天然岩絵具を中心とした伝統的な表現も重視され続けており、画家たちはそれぞれに、日本画ならではの色の可能性を追及しながら現在も多彩な作品を生み出しています。
本展では、《年暮る》で雪降る京都を青色で静謐に表した魁夷、《奥入瀬(秋)》で紅葉した奥入瀬渓流を赤色で鮮麗に描いた元宋をはじめ、竹内栖鳳、奥村土牛など色を効果的に取り入れた日本画家の作品を約50点展示します。画家が自らの芸術を創造するため、どのような色を制作に活かしたのか、それぞれの言葉や、社会的背景などを踏まえながら、色を通じて見えてくる画家たちの軌跡をご紹介いたします。
イベント情報
関連講演会(事前予約制)
講演会「絶対色感(しきかん)」
講師:宮廽正明氏(日本画家、東京藝術大学名誉教授・特任教授、日本美術院同人・業務執行理事、文化財保護・芸術研究助成財団理事長)
日時:2019年11月17日(日)14:00-15:30
会場:國學院大學 学術メディアセンター(AMC)常磐松ホール
*東京都渋谷区東4-10-28 國學院大學渋谷キャンパス内(山種美術館より徒歩5分)
*地図は國學院大學HPでもご覧いただけます。
https://www.kokugakuin.ac.jp/access
主催:山種美術館 協力:國學院大學
参加費:無料 *但し、本展入場券または半券が必要。当日会場にて入場券購入も可能。
定員:250名(要事前申し込み・先着順)
お問い合わせ:ハローダイヤル03-5777-8600

お申込み方法
FAX・インターネットの場合:詳細は当館Webサイトをご覧ください。
郵送の場合:往復はがきに、住所、氏名(返信面にも)、電話番号、イベント名を明記の上、〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36「山種美術館イベント係」までお申込みください。
当館受付でもお申込みいただけます。
*先着順により定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
*当日講師による展覧会場でのギャラリートークはございません。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2019/kaii-genso.html
展覧会問合せ先
ハローダイヤル 03-5777-8600(電話受付時間 8:00-22:00)
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索