タイトル等
久門剛史
- らせんの練習
会場
豊田市美術館
会期
2020-03-20~2020-06-21
4月11日(土)から5月6日(水)まで休館します。
休催日
月曜
ただし5月4日[月・祝]は開館
開催時間
10:00~17:30
(入場は17:00まで)
観覧料
一般:1,000円(800円)、高校・大学生:800円(600円)、中学生以下無料
( )内は前売り及び20名以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方(介添え者1名)、豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)。その他、観覧料の減免対象者及び割引等についてはホームページをご確認いただくか、豊田市美術館へお問い合わせください。
*前売券の販売は3月19日[木]まで/販売場所:豊田市美術館(2月24日[月・祝]まで)、T-Faceほか。
主催者
豊田市美術館
概要
新進作家、久門剛史(1981年京都府生まれ)による国内初の大規模な個展を開催します。
久門は、身の回りの現象や特定の場所がもつ記憶、歴史的事象を採取し、それらを音や光、立体などの断片をもちいて観る者の身体感覚を静かに、強く揺さぶる空間を創り出します。私たちの知覚を研ぎ澄ますように促し、モノに潜在する「永遠性」と「唯一性」についてメタフォリカルに問いかける作品は、国内外で高く評価されています。
本展で久門は、豊田市美術館の4つの展示室からなる延べ約1,000㎡の個性的な空間を使い、それぞれの場に呼応する新作インスタレーションを展開します。
展覧会タイトルは「らせんの練習」。真上から見て円であると認識していたものが、視点を変えて彫刻的に見たとき、はじめて螺旋だと気づく。そうした観る人それぞれの時間と空間の発見や新しい知覚の拡張につながる体験を、まさに螺旋の構造をなぞるように展示室が配置されている豊田市美術館の建築空間の中で実感できる、豊かな展観を目指します。
社会が混沌としている状況の中でも、物事を美しいと思える態度を揺るぎなく示し続けてきた久門剛史の芸術世界を、是非ご覧ください。
イベント情報
[中止] アーティストとギャラリーツアー
久門剛史+林寿美(インディペンデントキュレーター)
日時:3月28日[土]|14:00-15:30
*参加には当日の観覧券が必要です。
期間:3月28日[土]|14:00-15:30
会場:展覧会会場内

[中止] 対談:久門剛史×野村仁(美術家)
対談:久門剛史×野村仁(美術家)
日時:5月2日[土]|14:00-15:30
会場:講堂(定員172名、聴講無料)

[中止] 担当学芸員によるギャラリーツアー
日時:4月18日[土]、5月30日[土]|両日とも15:00より
*本イベントは実施しません。
ホームページ
https://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/hisakado/?t=plan
会場住所
〒471-0034
愛知県豊田市小坂本町8-5-1
交通案内
【名古屋駅より】
地下鉄東山線 伏見駅乗り換え、地下鉄鶴舞線 豊田市行き 終点下車 名鉄名古屋本線豊橋行き「知立」乗換え、名鉄三河線猿投行き「豊田市」下車

【豊橋駅より】
名鉄名古屋本線名鉄岐阜行き又は新鵜沼行き「知立」乗り換え、名鉄三河線猿投行き「豊田市」下車

【最寄り駅より】
名鉄 豊田市駅 または 愛知環状鉄道 新豊田駅より 徒歩15分

【お車をご利用の場合】
東名高速道路 豊田市ICより 約15分
東海環状自動車道 松平ICより 約15分 豊田東ICより 約20分
ホームページ
https://www.museum.toyota.aichi.jp/
愛知県豊田市小坂本町8-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索