タイトル等
古典×現代2020
時空を超える日本のアート
故きをたずねて、新しきを知る。
会場
国立新美術館
企画展示室2E
会期
2020-03-11~2020-06-01
※会期変更(開始日未定)
休催日
毎週火曜日 *ただし5月5日[火・祝]は開館、5月7日[木]は休館
開催時間
10:00~18:00
(毎週金・土曜日は20:00、5月30日[土]は「六本木アートナイト2020」開催にともない22:00まで)
*入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般(当日)1,700円 (前売/団体)1,500円
大学生(当日)1,100円 (前売/団体)900円
高校生(当日)700円 (前売/団体)500円
予習ができて、展覧会がより楽しめる。数量限定 メモリアルブックセット券 1,800円(税込)
販売期間 1月10日[金]-3月10日[火]
販売場所
セブンネットショッピング
(セブンイレブン店舗でお渡し)
ローソンチケット、あさチケ(朝日チケット)
(「ローチケ HIBIYA TICKET BOX」でのみお渡し)

*中学生以下は入場無料
*障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は入場無料
*3月20日[金・祝]-3月22日[日]は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
*前売券は1月10日[金]-3月10日[火]まで販売。ただし、国立新美術館では3月9日[月]まで。
*団体券は国立新美術館でのみ販売(団体料金の適用は20名以上)

販売場所
国立新美術館(開館日のみ)
展覧会HP、イープラス、ローソンチケット、チケットぴあ、セブンチケット、あさチケなど
*手数料がかかる場合があります
主催者
国立新美術館、國華社、朝日新聞社、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
2019年度日本博を契機とする文化資源コンテンツ創生事業
協賛・協力等
協賛 大日本印刷、UACJ
概要
新旧アート くらべて魅せる
東京が国際的に注目される2020年、現代美術と古の美術を組み合わせ、日本のアートの魅力を新たな視点で見つめなおします。
江戸時代以前の名品と8人の現代作家たちの作品をペアにしてご紹介する本展覧会では、主題や造形の類似はもちろん、
先達から得た着想や、誰もが知る名品とそのパロディ、古い作品を取り込んだインスタレーションなどを通じ、時代を超えた
アートの対話が繰り広げられます。古典側は、曾我蕭白、尾形乾山、円空、仙厓義梵、葛飾北斎や、仏像、花鳥画、刀剣の名品を選出。
対する現代側は、川内倫子、鴻池朋子、しりあがり寿、菅木志雄、棚田康司、田根剛、皆川明、横尾忠則という、今の日本を代表する作家が参加します。出品総点数は古典と現代あわせて約200点。古今の美術をつなぐ豊かな水脈をご堪能ください。
ホームページ
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/kotengendai2020/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒106-8558
東京都港区六本木7-22-2
交通案内
電車
・東京メトロ千代田線乃木坂駅
青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
・東京メトロ日比谷線・大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
バス
・都営バス
六本木駅前下車徒歩約7分
青山斎場下車徒歩約5分
・港区コミュニティバス「ちぃばす」赤坂
循環ルート六本木七丁目下車徒歩約4分
※運行系統、バス乗場については
各事業者にお問い合わせください。
ホームページ
https://www.nact.jp/
会場問合せ先
ハローダイヤル(03-5777-8600)
東京都港区六本木7-22-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索