タイトル等
新創開館10周年記念 企画展
美しきいのち
―日本・東洋の花鳥表現―
会場
根津美術館
会期
2019-09-07~2019-11-04
[前期] 9月7日(土)~10月6日(日) [後期] 10月8日(火)~11月4日(月・祝)
休催日
毎週月曜日 ただし9月16日(月・祝)、23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・祝)開館、9月17日(火)、24日(火)、10月15日(火)休館
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1100円 学生800円
20名以上の団体、または障害者手帳提示者および同伴者1名は200円引き、中学生以下は無料

【前売券】 一般900円 学生600円
「優しいほとけ・怖いほとけ」展 開催期間中(7月25日~8月25日)根津美術館ミュージアムショップにて販売

美しきいのち展 限定
【またどうぞ券】
一般 900円 学生 600円
会期中、大幅な展示替えがありますので、2回目以降ご来館いただくのにお得な割引入館券「またどうぞ券」をミュージアムショップにて販売いたします。
美しきいのち展会期中、ご入館いただいた翌日から会期最終日までご利用いただけます。(11月3日まで販売)
概要
色も形もとりどりの花や、艶やかな羽を持つ鳥は、それ自体、洋の東西を問わず、古くから賞玩の対象とされてきました。ことに中国を中心とする東アジアでは、花や鳥を描く花鳥画が、人物画や山水画と並び、絵画の主要なジャンルとなりました。一方、現代ではスケッチの意味で使われる「写生」という言葉は本来、花鳥画において、対象を観察し、その形や生態、ひいては生き生きとした様子を写し取ることを意味するものでした。すなわち花鳥画とは、美しい動植物をモチーフに、いのちの輝きを描きとどめようとするものと言えます。
ときに異国や極楽のイメージを喚起し、またときに吉祥をまといつつ、しばしば工芸意匠にもなった、東洋、とくに中国と日本における花鳥表現の展開をたどります。
イベント情報
関連プログラム ※参加は無科ですが、入館科をお支払いください。
●講演会[事前申込制(先着順)]
「花鳥に寄せる思いとその表現」
10月5日(土) 午後2時~3時30分
講師 宮崎 法子 氏 (実践女子大学 教授)
根津美術館 講堂 定員 130名
【申し込み方法】9月5日(木) 午前10時より受付開始
(往復はがきの場合は、当日の消印より有効)
当館ホームページの「イベント情報」の申し込みフォームから、または往復はがき(1参加者につき1枚)に、参加を希望されるイベント名・住所・氏名(返信面にも)・電話番号を明記の上、〒107-0062東京都港区南青山6-5-1 根津美術館講演会係あてにお送りください。

●スライドレクチャー [事前申込不要(先着順)]
「美しきいのち」
[前期]9月13日(金)、28日(土)
[後期]10月11日(金)、26日(土)
いずれも午後2時から45分程度 (午後1時45分開場)
講師 野口 剛(根津美術館 学芸部 次長)
根津美術館 講堂 定員 各回130名
※内容は、展覧会前期と後期で異なります。

特別催事 [事前申込制(先着順)・有料]
●麗しのコサージュ
展示作品から抜け出したような牡丹のコサージュをつくるワークショップです。
10月19日(土)
第一回 午前10時15分~午後12時45分
第二回 午後2時~4時30分
講師 岡田 歩 氏(造形作家) 定員 各回10名

●現代茶人の茶席
9月12日(木) 井田 純一郎 氏(サンヨー食品株式会社 代表取締役社長)
9月22日(日) 内山 高一 氏(フジテック株式会社 代表取締役社長)
10月31日(木) 筒井 紘一 氏(茶道資料館 顧問)
※いずれの特別催事も、詳細は決まり次第、当館ホームページ、催事チラシにてお知らせします。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索