タイトル等
藤田喬平 創作の軌跡
会場
石川県能登島ガラス美術館
展示室A・D
会期
2019-10-05~2019-12-01
休催日
10月15日(火)、11月19日(火)
開催時間
午前9時~午後5時
※12月から午前9時~午後4時30分 ※入館は閉館の30分前まで
観覧料
個人(高校生以上)800円、団体(20名以上)700円、中学生以下無料
主催者
石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
協賛・協力等
後援:七尾市教育委員会、NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、HAB北陸朝日放送、エフエム石川、ラジオななお
協力:千葉県立美術館、富山市ガラス美術館 ※50音順
概要
藤田喬平(1921-2004年)は、戦後日本のガラス芸術を切り開いた本国を代表するガラス作家の一人です。東京美術学校(現 東京藝術大学)で彫金を学び、卒業後はデザイナーとして勤めるも、学生時代から関心のあったガラスの道へと進むことを決意し、岩田工芸硝子に入社。2年後に独立し、作家としての活動をスタートさせます。
藤田の代表作「飾筥(かざりばこ)」は、琳派の作品にみる形や装飾美から着想を得て制作されたシリーズです。日本の伝統的美意識をガラスという素材で表現した革新的な造形は、国内だけでなく海外でも高い評価を受けました。77年からはイタリアでの制作を開始。ヴェネチアン・グラスの伝統技法を取り入れた花器などの「ヴェニス」シリーズを発表します。このような藤田の作品には、それぞれの国の伝統や造形手法をベースにしながら、作家が自らの感性によって再構築した独自の形や色彩表現をみてとることができます。84年には、ヴェニスの職人とともに制作した「オブジェ」の大作を発表。流動するガラスの性質を最大限に引き出して作られる彫刻的な造形は、自身の作品世界を広げる挑戦的な創作でもありました。
本展では「飾筥」、「ヴェニス」、「オブジェ」3つの作品群を軸に、ガラス作品約50点と制作に用いたスケッチをあわせて展示。制作に対する姿勢や思考の一端をたどり、飽くなき創作意欲によって生み出された独自の表現と造形の魅力を紹介します。
イベント情報
絵本のじかん~絵本で感じる作品世界~
日 時:10月13日(日) 14:00~/所要時間 約40分
会 場:美術館敷地内
参加費:無料(別途入館料必要)
定 員:20名程度(申込不要)

オリジナルカラーのジェルキャンドルづくり
日 時:11月23日(土・祝)、24日(日)
各日①10:00~11:30②13:30~15:00/所要時間 約40分
※上記時間までに会場にてお申込みください。
会 場:美術館会議室
参加費:500円(別途入館料必要)
対 象:どなたでも ※材料がなくなり次第終了
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/?p=5794
会場住所
〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
交通案内
車で

北陸自動車道 金沢森本ICから のと里山海道に入り、徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換え、和倉ICで降りて左折します。
和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進、道の駅のとじま(交流市場)へ。
道の駅のとじま向いにある、丘の上の宇宙基地のような建物が美術館です。


電車とバスで

JR金沢駅から 七尾線に乗り換え、和倉温泉駅へ
能登島交通 路線バス 曲線「のとじま臨海公園行き」に乗車。(七尾駅前からでもバスに乗車できます。)「美術館前」で下車してすぐ。


タクシーで

和倉温泉駅から美術館まで、片道約20分。料金が高額になる場合がございますので、利用される際は運賃をご確認ください。


飛行機で

のと里山空港から美術館までは、車で約1時間。乗り合いタクシー「ふるさとタクシー」をご利用いただくとお得です。

小松空港からは、車で約2時間。最寄りのICから北陸自動車道に乗り、能登・七尾方面へお進みください。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/
石川県七尾市能登島向田町125-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索