タイトル等
神田日勝没後50年 プレ企画Ⅱ
神田日勝×吉田傑ダンボール・アート「飛び出す!半身の馬」
異次元の、対峙。
会場
神田日勝記念美術館
会期
2019-09-04~2019-11-04
休催日
毎週月曜(ただし祝日は開館)
9/17(火)、9/24(火)、10/15(火)、10/23(水)
開催時間
10:00~17:00
(最終入場16:30)
観覧料
一般520(460)円、高校生310(260)円、小中学生210(150)円
福原記念美術館との共通入館券:
一般600円、高校生300円、小中学生200円
*1( )内は10名以上の団体割引料金
*2障がい者の方は無料(療育手帳・精神保健福祉手帳・身体障害者手帳を提示)
*3鹿追町民・友の会会員は無料(身分証、会員証を提示)
*4北海道立帯広美術館で開催された特別展の半券(有効期限:チケット裏に記載)
提示により、割引料金が適用(1枚につき1名1回限り有効)
*5消費税率引き上げに伴い料金が改訂される場合があります。
主催者
神田日勝記念美術館展覧会事業実行委員会
協賛・協力等
共催:神田日勝記念美術館、神田日勝記念美術館友の会
後援:鹿追町、鹿追町教育委員会、鹿追町文化連盟、北海道新聞帯広支社、十勝毎日新聞社、NHK帯広放送局、FM WING、FM-JAGA
協力:マウレ・メモリアル・ミュージアム(丸瀬布温泉マウレ山荘)、帯広大谷高校放送局
概要
来年2020年は、神田日勝(1937-1970)が没してから50年の節目の年となります。今年度は、画家没後50年のプレ・イベントとして、神田日勝の絵画と道内のアーティストとのコラボレーションによる企画展を開催しています。
その第2弾である本展では、北海道遠軽町出身の造形作家・吉田傑のダンボール・アートとのコラボレーションが実現しました。神田日勝が魂を込めて独自の筆触で描いた牛や農耕馬の絵画とともに、現代の造形作家の手わざによってその骨組みから毛並み、質感まですべてダンボールを素材に造られた鹿や羊、虎など、等身大の動物たちが会場を賑やかに彩ることでしょう。また、このコラボレーション企画の見どころとして、神田日勝の絶筆「半身の馬」が、ダンボール・アートの立体作品となり、新たな姿で出現します。
絵の馬とダンボールの馬とが静かに対峙する空間にぜひご注目ください。
会場住所
〒081-0292
北海道河東郡鹿追町東町3-2
交通案内
自家用車
札幌市―鹿追町 … 約190km
帯広市―鹿追町 … 約30km
芽室IC―鹿追町 … 約18km
十勝清水IC―鹿追町 … 約24km
とかち帯広空港―鹿追町 … 約53km

飛行機
東京羽田空港―とかち帯広空港 … 約2時間

JR
札幌駅―新得駅 … 約120分
札幌駅―帯広駅 … 約150分

バス (拓殖バス)
新得町―鹿追町 … 約30分
(鹿追町役場前下車 徒歩5分)
帯広市―鹿追町 … 約60分
(神田日勝記念美術館下車 徒歩2分)
ホームページ
http://kandanissho.com/
北海道河東郡鹿追町東町3-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索