タイトル等
瀧口修造/加納光於《海燕のセミオティク》2019
詩人と画家の 出会い 交流 創造
会場
富山県美術館
展示室3、展示室4
会期
2019-11-01~2019-12-25
前期:11月1日(金)-11月26日(火)
後期:11月28日(木)-12月25日(水)
休催日
毎週水曜日(ただし12月25日は開館)、11月5日(火)
開催時間
9:30~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
一般 ¥900(700)
大学生 ¥450(350)
高校生以下 無料
一般前売り ¥700
( )=20名以上の団体料金
※企画展入場当日に限りコレクション展もご覧いただけます。
※各種手帳をお持ちの障がい者の方および付添者1名の観覧は無料です。
※学校観覧、社会教育活動としての児童・生徒の引率者は無料です。
※「リピーター割」や「クマ割」を実施中。詳細については、ホームページをご覧になるか、1階受付等でお問い合わせください。

[前売券販売所 ※2019年10月31日まで販売] 富山県美術館、富山県水墨美術館、アーツナビ
主催者
富山県美術館、北日本新聞社、富山テレビ放送
協賛・協力等
企画協力:ギャルリー東京ユマニテ
本展覧会はbeyond2020プログラムの認証を受けています。
概要
瀧口修造(1903-1979)は、戦前から戦後にかけて美術評論の分野でも活躍した、富山県出身の詩人です。多くの美術家たちと親交を結んだ瀧口は、中でも加納光於(1933年生まれ)とは、30歳の年の差ながら四半世紀にわたる創造的な交流を持ったことが知られています。
加納光於は、1950年代から独創的な版画作品により国内外で高く評価されてきた、戦後を代表する美術家の一人です。常に新しい挑戦を続けてきた加納は、80年代以降には色彩溢れる絵画作品に力を注ぎますが、瀧口亡き後も、その眼差しを意識し続けてきたと言います。
本展では、初期から近年までの加納の代表的な作品を紹介するとともに、瀧口と加納の共同制作作品や、 交流を示す資料を合わせて展示し、強く共鳴しあった二人の精神と創造に光を当てます。
イベント情報
加納光於氏によるアーティスト・トーク
〈聞き手〉岩崎美弥子氏(詩人・瀧口研究)
〈日 時〉2019年11月2日(土)11:00- (約60分)
〈会 場〉3階ホール
〈定 員〉100名(当日先着順・聴講無料)

林浩平氏講演会
〈講 師〉林浩平(詩人)
〈演 題〉「詩人 加納光於- 稲妻捕りの詩学」
〈日 時〉2019年12月7日(土)14:00- (約90分)
〈会 場〉3階ホール
〈定 員〉100名 (当日先着順・聴講無料)

担当学芸員によるギャラリー・トーク
学芸員が展示の見どころをお話しします。
〈日 時〉11月9日(土)、16日(土)、23日(土)、30日(土)、12月14日(土)、21日(土) 各日14:00-(約30分)
〈会 場〉展示室3・4 ※会場入り口にお集まりください。
展示替え情報
※会期中、一部作品の展示替えを行います。
ホームページ
https://tad-toyama.jp/exhibition-event/9148
会場住所
〒930-0806
富山県富山県富山市木場町3-20
交通案内
●JR富山駅新幹線 改札口(富山駅南口)から・・・
徒歩:約20分/タクシー:約10分
バス:7番のりばより乗車、「富山県美術館」下車すぐ
●あいの風富山鉄道 改札口(富山駅北口)から・・・
徒歩:約15分/タクシー:約3分
バス:1番のりばより乗車、「富山県美術館」下車すぐ
●富山空港より・・・タクシー:約20分(渋滞なしで)※約9km
●北陸自動車道より・・・富山I.Cから国道41号経由:約15分
※美術館の駐車場(8:00-22:30)は限りがあり、土日や祝日等は混雑や予想されます。お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用ください。
ホームページ
https://tad-toyama.jp/
富山県富山県富山市木場町3-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索