タイトル等
胡蝶之夢
マツオヒロミ展
会場
新見美術館
会期
2019-07-26~2019-09-16
休催日
9/2[月]、9[月]
開催時間
9時30分~17時
(入館は16時30分まで)
観覧料
一 般700円(600円)・大学生500円(400円)
中高生300円(250円)・小学生200円(150円)
前売りは一般のみで600円で7/25[木]まで販売
【お電話(0867-72-7851)でご予約いただけます。】
※( )内は15名以上の団体料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は土・日・祝休日に限り観覧無料
主催者
新見市・新見市教育委員会・新見美術館・テレビせとうち
協賛・協力等
後援:岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟、山陽新聞社、産経新聞社、朝日新聞岡山総局、毎日新聞岡山支局、読売新聞岡山市局、中国新聞備後本社、新見市文化連盟、吉備ケーブルテレビ、備北民報社、備北新聞社、新見市観光協会
協力:平田本陣記念館
概要
松江市出身のマツオヒロミは、現在岡山を拠点に活躍するイラストレーターです。
大正ロマン、昭和モダンに影響をうけたレトロモダンな世界観は、同人誌などを中心に多くの支持を集めました。2016年1月に刊行された自身初となる単行本『百貨店ワルツ』は大ヒットを記録するなど、注目を集めています。
マツオは、大学卒業後、デザイナーを経て2010年よりフリーランスのイラストレーターとして活動を開始、書籍の装幀画を中心に作品を制作。着物や近代建築を好み、林静一や竹久夢二作品に影響を受け制作された女性像や装飾、クラシックなモチーフのイラストは高い人気を集めています。また、2017年には弥生美術館(東京都文京区)で、2018年には平田本陣記念館(出雲市)で展覧会が開催されるなど、今注目のイラストレーターと言えます。
岡山初開催となる本展では、引き込まれるような眼差し、繊細な筆致で丁寧に描きこまれた着物や洋服のディテール、感情の揺らぎまでも表現する巧みな人物描写を通して、魅力溢れるマツオヒロミの世界を紹介します。
イベント情報
マツオヒロミ氏オープニングギャラリートーク&サイン会※ 申込不要・要観覧料
日時:7/26[金]10時~(約60分)

マツオヒロミ氏ギャラリートーク&サイン会※ 申込不要・要観覧料
日時:8/25[日]・9/16[月・祝]各回14時~(約60分)

マツオヒロミ氏によるクロッキー公開制作 申込不要・要観覧料
日時:8/25[日]11時~
会場:新見市美術館市民ギャラリー
★マツオヒロミ氏コーディネートの着物を着たモデルを速写する様子を公開します。

※サインは、当館ショップにてマツオヒロミ関連書籍をお買い上げいただきました方に限らせていただきます。
会場住所
〒718-0017
岡山県新見市西方361
交通案内
● JR新見駅から、タクシーで5分、徒歩で10分

● JR新見駅まで
JR岡山駅から 伯備線下り(米子・出雲方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。
JR米子駅から 伯備線上り(新見・岡山方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。

● 中国自動車道 新見インターチェンジから車で約7分

● 岡山方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
新見市役所前交差点を左折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。

● 米子方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
高尾交差点を右折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。
ホームページ
http://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/
岡山県新見市西方361
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索